FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

老舗広告代理店「協同廣告」、クオラスの完全子会社に。

突然飛び込んできたニュース。
老舗広告代理店「協同廣告」が、フジサンケイグループの企業を包括する
株式会社フジ・メディア・ホールディングスの子会社クオラスの完全子会社となった。

つまりフジ・メディア・ホールディングスから見ると孫会社という関係だ。

協同廣告といえば、かつては日本を代表する広告代理店のひとつ。
電通、博報堂には及ばずとも、大手のナショナルクライアントをいくつも抱えていた。

もちろん倒産というわけではないので、会社自身は変わらず存続するわけだが、
株式を100%取得されたということを考えると、協同廣告の名前が消えるのも
近いのかもしれない。

方や協同廣告という昔堅気の名前。方やクオリスという今風の名前。
同じ広告代理店であっても、名前ひとつでこうも印象が違うことかと、
二つ並べてみてあらためて思う次第。

老舗といえども波風立たず存続していくこと自体が難しい時代。
いや老舗だからこそ、時代の荒波を受けても新しい船に乗り変えることが難しいのだろう。

すべてインターネットというかつて体験した事のない大波のせいだ。

たとえ今の波を凌げたとしても、次にはさらに大きな波が襲ってくる。

協同廣告の子会社化のニュースを読んで、想像以上に波が大きいことを知らされた。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/411-b08c7d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)