アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

小宮一慶氏「あたりまえのことをバカになってちゃんとやる」

「あたりまえのことをバカになってちゃんとやる」。
略して、ABC。
ABCを大切にするといいことがある、経営コンサルタント・小宮一慶氏の
提案が詰まった新刊がこの本だ。



軸にになっているのは、チューブの話。
人生とは1本の太いチューブの中を歩いているようなものだと小宮氏。

人には与えれた運命があって、そのチューブが短い人もいれば長い人もいる。
でも、チューブの長さが決まっていても、その幅のあるチューブの中のどこを歩くかは、
その人次第。
成功する人、運がいい人、人生がうまく行く人は、チューブの中でも
上の方の「幸せな場所」を歩き、反対の人はチューブの下の方の「不幸せな場所」を
歩くという。

すなわち人生の「幸せな場所」を歩く秘訣が、ABCだそうだ。

小宮氏の言っていることは至って当たり前のこと。でも、できそうでなかなかできないこと。
実るほど首を垂れる稲穂かな、という言葉があるが、
小宮氏が言っていることも同様のことだろう。
愚直でもひたすら目標を持って続けることによって、やらない人との差がいつの間にか
大きく開いている。

残りの人生がどのくらい残されているかわからないが、
自分自身の肝に銘じて歩んでいきたいものだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/395-cf909f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad