アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

本田直之氏の最新刊「レバレッジマネジメント」

レバレッジリーディングやレバレッジシンキングなど、
レバレッジシリーズでベストセラーを重ねている本田直之氏。

その本田氏が2冊続けて新刊を出版した。

そのうちの1冊、経営戦略について書いた「レバレッジマネジメント」を読んだ。




(1)経営者のレバレッジ
(2)戦略のレバレッジ
(3)営業のレバレッジ
(4)ブランドのレバレッジ
(5)仕組み化のレバレッジ
(6)組織のレバレッジ
の6章で構成されており、
いずれも会社を発展させるために必須のノウハウのオンパレード。

中でも、特に興味深かったのが、4章のブランドのレバレッジだ。

ブランディングは、大企業のためのものだけでなく
90数%とも言われる日本の中小企業にこそ必要とし、
一過性の広告ではなく、継続としてのPRを重視すべきとしている。

広告屋としてはまたまた耳の痛い話であるが、正論だけに頷くしかない。

さらには、自社の事業の強みを絞り込む事や
経営者自身のパーソナルブランディングの重要性など、まさに
ブランドづくりに欠かせないエッセンスがぎっしりだ。

素直に実行すれば、間違いなく凡人であっても会社を成長させられる、
経営者ではない自分でもそう思える説得感あふれる、パワフルな1冊。

ちなみにもう1冊は「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 」



面倒くさがりという性格を逆手にとってレバレッジをかける方法を教えている。
こちらもおすすめ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/317-001bd87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad