アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

今なぜ地域ブランドなのか?よくわからないあなたに。

ブランド総合研究所の田中章雄氏が書いた新刊、
それが「事例で学ぶ地域ブランドの成功法則33」だ。



なぜ今地域ブランドがこうも話題に上るのか?
その理由を極めてわかりやすく教えてくれる、ありそうでなかった貴重な一冊。

そもそも地域ブランドへの取り組みが盛んになったのは、
2006年4月の「商標法改正」がきっかけで、このときの目玉が、
「地域団体商標」が認められるようになったことかららしい。
地域団体商標、よく知らなかったけど、そうだったんだ。

これまで地名を含むものは原則として商標として認められなかったものが、
その申請が認められるようになった。

たとえば地域ブランドブームのきっかけとなった「関さば」・関あじ」「松坂牛」などもそのひとつ。

いいことばかりのような地域ブランド、地域団体商標であるが、
考え方・使い方によっては両刃の剣となることも。

そのあたりを冷静に記しているこの「事例で学ぶ!地域ブランドの成功法則33」は、
ほかの本にはない特徴。

中国食品に対する不信がぬぐえない今、地域ブランドには追い風が吹いている。
その追い風に上手に乗るためには、単なる金もうけの材料として飛びつくのではなく、
いいものをひとりでも多くの人に紹介したいという想い、地域を愛する想いなど、
心の底から湧きあがってくる使命感が必要かも知れない。

いずれにしてもビジネスライクだけではうまく行かないだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/254-33622588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すべての成功すべての巨富... ナポレオン・ヒル(米国の著述家)

すべての成功すべての巨富はアイディアから生まれる。

  • 2008/11/04(火) 20:51:52 |
  • 名言ブログ

FC2Ad