アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「広告」から「売る仕組み」へ。次世代マーケティングプラットフォームが語ること。

マスメディアの未来について、説得力を持って予測できる人は少ない。

そんな中で、湯川鶴章氏は、梅田望夫氏と並んで、その的確な予測で双壁だと考える。

ふたりの共通点は海外生活が長く、より大きな視点で世の中の変化を見ることができることだ。

その湯川鶴章氏が新刊を出した。タイトルは「次世代マーケティングプラットフォーム」。




この本で氏はマスメディアの未来をこう結論づける。

今起こっている変革は、もはや広告と言うひとつの企業活動の枠組みだけで
語れるものではない。
経済全体のあり方まで変えるような大きな津波なのである。

つまり広告という存在自体をうんぬんするレベルでは、到底津波を乗り切ることは
できる訳がないと言われているに等しい。

クリエイティブ優先の「広告」から、
自動化されたマーケティングプラットフォームによる「売る仕組み」へ。

その時、広告代理店・アドマンはどうなっているのだろう。
恐らく、今やっていることのかけらも残っていないだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

書評ありがとうございます

なんだか恐縮してしまうぐらいのほめ言葉ですね。ありがとうございます。むちゃくちゃうれしいです。
メディア企業にしろ、広告会社にしろ、もっと言えばどんな企業であっても時代に合わせて変化できない企業はだめだということですね。ただその変化がメディア企業や広告企業にとってものすごく速いのが大変なんですけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/192-326ceaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad