FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

凄い12人の、凄い広告営業力。

本屋に行っての楽しみは、予想外の新刊に突然出逢うことである。
今日も帰り道に寄った書店で、そんな幸福な出会いがあった。

誠文堂新光社の新刊「広告営業力」だ。

広告営業力


広告のクリエイティブについて書いた本は、過去多数あるが、
こと広告営業に絞って書かれた本は、私の記憶では皆無だと思う。
常々、広告の営業についてその方法論だとかを聞いてみたいと考えていたところだったので
私のそんなインサイトに一直線に刺さった次第。

12人のホンネと仕事のやり方、という副題があるように、
広告代理店・クリエイティブエージェンシーの現役バリバリの12人が
それぞれの広告営業論を熱く語っている。

そんな中のひとり、サンアドの営業部長、坂東美和子氏の言葉の中に
さすが営業と思わせるひと言があった。

そのひと言は、「見積もりもクリエイティブ」
相手が払いたくなるような見積もりにすること。

氏はきちんと理解して払ってもらうために、提出前に何度も何種類も見積もりをつくり、
ベストな見積もりを提出する。
見積もりもクリエイティブと断言する坂東さんに営業としての誇りと自信を強く感じた。

アカウントプランナーを目指す若い人にはもちろん、キャリアがあっても停滞している
広告営業マン、さらには営業とパートナーを組むクリエイターにも大いに
参考になる一冊である。



発行:誠文堂新光社
定価:1,600円+税

〈目次から〉ソフトタッチ営業の真実。/営業は、人間力。/チームワークが武器になる。/プロの広告営業になろう。/感動を、ただの感動で終わらせない。/どんぶり勘定の真意。・世界110カ国共通、51言語のコミュニケーション。/営業の仕事が、見えてきた。/広告を、好きでいられるということ。/インデーズは新しい視点を創る。/明も、暗もないところへ。/消費者目線でつなぐ、デジタルコミュニケーション。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

見積もりもクリエイティブ・・・
確かにすばらしい言葉。
しかし、この坂東さんという方は以前お仕事をご一緒した時には驚くほど独創的なお見積りを出してこられてビックリした記憶があります。
本からの知識も大事ですが、なにごとも実経験が大事ですね。

  • 2008/08/28(木) 02:11:04 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/158-2bfa54d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)