アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の工芸を元気にする!」ビジョンのゴールは100年先。

中川政七商店十三代、中川政七氏が書いた「日本の工芸を元気にする!」を読んだ。

日本の工芸を元気にする

中川政七商店はは2016年、創業300年を迎えた。それを機に中川淳から中川政七に改名したことはご存知だろうか。
よって本書は、中川氏にとって改名後はじめての出版となる。

中川氏は以前、50歳で引退を明言していたが、スノーピークの山井社長に諭され撤回したと本書にある。
おそらく覚悟を決めたということだろう。本書からはこれまで以上にその想いの強さが伝わってきた。

本書は、300年を迎えるにあたり、タイトルにもある「日本の工芸を元気にする!」というビジョンを見つけそれを実践していく過程が中心に据えられている。

そのゴールは100年先。

もちろんその時は中川氏もいないわけだが、中川氏に言わせれば、それくらい時間を掛けないとこのビジョンは達成できない、それくらい壮大な構想ということなのだろう。

さて、その「日本の工芸を元気にする!」という壮大なビジョンを掲げたことで、
それまで家業中心、自社製品開発と販売を中心としていたビジネスから、そこへ工芸を商う他社のコンサルティングを事業に加えた。

ミッション、ビジョンを明確に掲げることで成長を遂げた企業の例は、枚挙にいとまがないが、中川政七商店もそれによりその後の急成長につながっていく。ビジョンの重要さをあらためて教えてくれている。

そのあたりの経緯はこれまでに出版された中川氏の本にも触れられているが、最新刊である本書では、300周年の記念プロジェクトからポーター賞受賞、上場目前で断念したこと、そして自身が社長就任後はじめて直面した既存店での売上減少。そのあたりの葛藤と新たな取り組みの可能性について詳細に記されていて興味深く読んだ。

2002年、奈良の老舗企業というレベルの中川政七商店に入社してから社長に就任し、13代中川政七を襲名するまでわずか15年。今ではその存在を知らない人はいないほど、有名な会社に育て上げた。そのスピード感たるや、自分の15年前を考えるだけでもぞっとする。

それくらい凄いことがこの短期間で実現できた理由とは何なのか?そのエッセンスが凝縮された1冊が本書である。

ブランディングとはかくあるべき、それを理論だけでなく実践で示す中川氏の本は、説得力という意味でも右に出るものはないだろう。本書を読んであらためて思った。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1512-5af69926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。