FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

1円パチンコとギャンブル性

現在、パチンコホールは法規制の影響もあって逆風の真っただ中にあり、
倒産する会社も出てきている。

仕事柄、パチンコホールのTVCMを企画・制作する訳であるが、景気の影響からか
なかなか企画が決まって行かない。
決まらない理由は戦略に迷いがあるから、それにつきるだろう。

さらには、集客を狙えば狙うほど上滑りする。
こういう時ほど地に足をつけて、本来の顧客サービス、
ホスピタリティの充実に注力することが早道だ。

そんな中、1円パチンコが人気を集めている。
店側の論理でいくと、一玉の値段が四分の一になるため、売上が大幅に
下がるリスクがあるが、その分お客はゆっくりパチンコ本来の楽しみを
満喫できる利点が生まれる。ギャンブル性を喜ぶお客にとっては物足りないのであろうが。

現在、1円パチンコを全国で展開中のダイナムは、低貸玉営業に転換したのを機会に
パーソナルシステムという台毎に出玉を計算できるシステムを導入。
球を運ぶのに必要な人員を大幅に削減し、浮いた人件費を接客サービスの向上に
あてていておおむね顧客からは好評だ。

ギャンブルそのものの社会性も問われる今、ビジネスとして社会で生き残るためには
こうした発想の転換、新たなサービスの創出が必要不可欠だ。

消費者金融同様、泣く人がいても儲かればいいという時代はとっくに終わっている。
そこに気がつかなければならない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/151-4bf85bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)