アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「誰かの犠牲で成り立つ経済を、終わらせよう」持続可能な資本主義。

鎌倉投信の取締役、新井和宏氏が書いた「持続可能な資本主義」を読んだ。

持続可能な資本主義

本の帯、しおりに記された言葉、「誰かの犠牲で成り立つ経済を、終わらせよう」。

確かにそうだ。心からそう思う。
けれど、世の中はなかなか変わっていかない。
それどころか、悪くなっているのではないか。
そう思わざるを得ないニュースが連日、目から耳から飛び込んでくる。

その原因の根源のひとつが、資本主義の限界。
誰かが勝てば誰かが負ける。資本主義の本質でもある。

しかしながら、そんな中にも、新しい芽が少しずつだけれど芽生え始めているのも確かだ。

たとえば、本書「持続可能な資本主義」に登場するいくつかの企業もそうである。
もっと言えば、鎌倉投信の存在そのものが何よりの証なのかもしれない。

著者である新井氏は、外資系の投資運用会社で莫大なお金を扱っていたもののストレスから大病を患い退職。
たまたま出会った1冊の本「日本でいちばん大切にしたい会社」の考え方に賛同し、「いい会社」の持つ信頼性をベースにした、これまでにない投資信託会社を立ち上げる。それが鎌倉投信である。

何より驚かされること。
フローよりストックを大切にする。
短期利益より長期の持続可能性を重視する。
何より社員の、関わる人の幸せをいちばんに考える。
そんな視点を持った企業にのみ投資をしてきた結果、
立ち上げから今日まで驚くほどの投資利益を上げしまったのだ。
その事実こそが、世の中からそれらの企業が大きな共感と高い評価を受けていることを物語る。

鎌倉投信の投資先選定基準は独特だ。
財務諸表や損益計算書は見ないわけではないが、それよりも重視するのは、実際に企業に訪問し、経営者に会い、話を聞いた直感。時にはその話が確かかどうか、アポなしで会社を見に行くこともあるそうだ。
そうしてこれは間違いないという会社をピックアップする。
そして新井氏はこう断言する。「いい会社は数値化できない」と。

厳しい眼で選ばれた企業の名前を並べてみる。
カゴメ、ヤマトグループ、サイボウズ、ツムラ、マザーハウス、ユーグレナ…

それぞれが「いい会社」である理由は本書をぜひ読んでもらいたいが、私がそれらの会社に共通して思うことは、いい会社には間違いなく「いい経営者」の「いい価値観」が存在することである。
そういう意味で、これからの時代は、儲けることに長けた経営者より、社会に対する優しい眼差しを持った経営者が求められるのではないだろうか。

持続可能性=サステナビリティ。ともするとバズワードとなりがちなワードではあるが、今一度、経営の中に、事業の中に据えることで、新たな成長のきっかけを創れるのかもしれない。

誰かの犠牲で成り立つ経済を、終わらせよう。そう考える経営者がひとりでも増え、そう考える会社が一社でも増えれば、今よりきっと幸せな世の中になるはずだ。そんな思いが確信に変わる、そんな1冊に出会った。


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1509-4794010c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad