アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

人と人、心と心をつなぐビール。ベアレン醸造所。

ベアレン醸造所株式会社専務、嶌田洋一氏が書いた「つなぐビール〜地方の小さな会社が創るもの」を読んだ。

つなぐビール

ベアレン醸造所は盛岡にある、クラフトビール製造会社。2001年創業だ。

嶌田氏と共同経営者の木村氏の出会いは10年前にさかのぼる。
当時二人はそれぞれ、盛岡地区の協和発酵とキリンビールの営業担当。ライバル会社であったものの妙に気が合い、二人の環境が変わった後も情報交換を続けていたという。

そんなある日。木村から「一緒にビール会社を作らないか」と誘われる。安定した環境を捨てることに不安はあったものの木村の熱い想いに打たれ、新たな船を漕ぎだすことになった。

当時はちょうど地ビールブームが終わった後で、ブームに乗って雨後の筍のように誕生した各地の地ビール会社が、経営不振で続々と倒産、閉鎖されていた頃。地ビールでの起業のタイミングとしては最悪の状況だっただろう。しかし逆に言えば、厳しい環境だったからこそ、地に足のついた経営につながったのかもしれない。

とはいえ、今日までの道のりは平坦どころか、さしずめジェットコースターといった様相。

中でも最大の難関は、醸造所のタンクが爆発して醸造担当だった社員が命を落とした時だ。

不慮の事故だったとはいえ、当然経営陣には管理不行き届きとしてマスコミから非難が集中する。
それより何より、甚大だったのは、家族ともいえる社員を死なせてしまったという精神的苦痛だ。
当時を回想するシーンは、読んでいても心が痛くなるほどだった。

しかしそのどん底ともいえる状況をなんとか乗り越えたこと、
その教訓を忘れずその後さまざまな社内改革に取り組んだことで、
あらためてベアレン醸造所の快進撃がはじまる。

事故を契機に、何を最初に取り組んだか。
それは、職場の安全等を盛り込んだ「経営理念」の策定だった。
その経営理念を核としたことで、やるべきことが明確になり、ブランドが形作られていく。
そのあたりのくだりは、中小企業の経営者にとって参考にできるところが多い。

私は、21世紀に入って成長を遂げた企業に共通する成功法則があると考えている。
それはマスを相手にビジネスをするのではなく、コアなコミュニティを組織化することに長けている点だ。
アウトドア用品のスノーピークしかり、先日紹介した気仙沼ニッティングしかり。

ベアレン醸造所で、それに相当するのが〈よ市〉ジョッキクラブだった。

盛岡の材木町で、冬を除いた毎週土曜日に開催されるイベントでベアレン醸造所はビールを提供する。
その時に使用するジョッキを買ってもらい預かり制にしたことで、熱心なファンを一気に増やすことになった。
と同時にファン同士のコミュニケーションも活発になり、この日を楽しみにする人たちが、ベアレン醸造所の重要な営業マンの役割を果たしてくれるようになったのだ。

こういうことは意図してできることではない。
お客様とのコミュニケーションを大切にしたい、その強い想いが自然にその方向へ導いていったと言えるのではないか。

最後に。つなぐビールという本書のタイトルであるが、
人と人、100年前の伝統、地元への愛、亡くなった社員の思い、ビールがいろいろなものをつないでいる。
そんな思いが込められているのだそうだ。

つなぐ。まさに時代のキーワードである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1508-d2f59e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad