アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役割を終えた「マクドナルド型モデル」、絶頂を迎える「ディズニー型モデル」。そして「その先」へ。

オラガ総研株式会社代表、牧野知弘氏が書いた「2040年全ビジネスモデル消滅」の読後録。

2040年全ビジネスモデル消滅

この手の、タイトルで驚かせてページを開かせようとするテクニックには正直、辟易とするところがあるが、実際に読んでみると切り口は斬新、かつよく理解できるもので、筆者の分析はなかなかだった。


内容を簡単にいえば、
「マクドナルド型ビジネスモデル」と「ディズニーランド型ビジネスモデル」の対比。
片や質より量の代表、マクドナルド。片や量より質の代表、ディズニーランド。
前者のマクドナルド型ビジネスモデルは役割を終え、後者のディズニーランド型ビジネスモデルは相変わらず隆盛を極めている、さてその理由は?というところだ。
さらに、筆者には三井不動産に勤めていたという経歴もあり、不動産的観点からの分析も本書に厚みを持たせている。


さて。マクドナルドが日本でオープンしたのが1971年、ディズニーランドが日本にオープンしたのが1983年。
牧野氏はこの1971年を起点として、四半世紀(25年)を周期とする世の中の価値観(牧野氏は価値軸と言っています)の変化に照らし合わせて、マクドナルドの低迷とディズニーランドの隆盛を検証している。


牧野氏の分析はこうだ。

1971年から1996年=「量的充足」の時代。
マクドナルドが日本に上陸して存在時代が珍しかった時代を経て、日本全国くまなくマクドナルドが気軽に手にできるようになった時代。ちょうど日本の高度成長期からブバル崩壊までと言っても良いだろう。

1996年から2021年=「質的充足」の時代。
「安さ」が当たり前となったマクドナルドが長い低迷の時代に入っていったのに対して、ディズニーランドは物を売らず夢を売るわけで、ますますその存在を確かなものにしていく。

そして次は、いよいよ2021年からの四半世紀が始まるというわけである。

それでは、2021年からの四半世紀はどんな時代になるのか?

筆者は「ディズニーの夢がいよいよ解ける時」と予測する。

特に不動産は、高度成長期に郊外へ出て行った住宅が廃墟と化し、また都会のタワーマンションも価値が暴落し、一部の資産価値を持つ物件をのぞけば、二極化が顕著になり、2040年に向かっていく。
その頃には暴落した住居の空き家率化が30%を超え、人手不足を解消するために迎え入れた外国人がその空き家に棲みつきスラム化する恐れが多分にあると。

こうなると庶民が手に入れたマクドナルド型ビジネスモデルの住宅やマンションはほとんど価値がなくなり、こうして2040年くらいまでには、すべてのビジネスモデルが崩壊するというのが著者の論調である。

実際のところ、どうだろうか。2040年まで、あと23年。このところの技術革新のスピードを考えると、ビジネスモデルという概念自体がなくなっている、それくらいの変化はあって当然なのではないだろうか。

いずれにせよ、質的充足に対応できる企業は今まで以上に数は少なくなる。新たな時代の価値観にアジャストしてビジネスを成り立たせるのは容易ではない。

すべての企業で、これまで以上のイノベーション体質への転換がなにより求められている、本書を読んで、そんな思いがより強くなった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1501-3a5fd2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。