アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

三谷幸喜「ザ・マジックアワー」を見る。

今週末で上映が終わりそうなので、遅ればせながら三谷幸喜脚本と監督の「ザ・マジックアワー」を見た。

ザ・マジックアワーズ

見たのはTOHOシネマズ、今日14日はトーフォー(東宝)の日ということで、1,000円で
映画が見られる貴重な日。しかもお盆休みと都合よく重なった。

ちなみに109シネマズの場合は、19日が割引日になっている。

1,000円ならという打算付きで見た映画だが、十分もとは取れたと満足している。
じゃ、1,000円じゃないと見ないのかと言われると辛いが、まぁこういった機会に
普段なら見ることがない映画と出会えるのも意義があることだと思う。
いい映画であれば次回は定価で見ようと思う訳だから。
これがきっかけとなってファンが増えるのであれば悪いことではないから、
こういう機会をもっともっと増やしてほしい。

さて肝心のザ・マジックアワーであるが、
映画好きが作った映画好きのための映画という感じがする。
何より精一杯真心こめて作っているという事が画面全体から伝わってくるところがいい。
さらに出演者も三谷氏の誠実さに惹かれて参加していると言う感じが
映画づくりの原点のスタイルを彷彿とさせて好感が持てる。

ビッグネームが揃った大味の映画が元来好きではない私であるが、
この映画はビッグネームがビッグネームで終わっていない、
それぞれの持ち味が存分に活かされている。

映画好きのつくる映画は画面からハートが伝わってくる。
それだけで映画好きは幸せな気分になれるのだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/150-486332a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad