アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

飲食業のオープンソース化。未来食堂ができるまで。

小林せかいさんが書いた「未来食堂ができるまで」を読んだ。

未来食堂ができるまで


未来食堂。すでにマスコミ等で多数取材され紹介されているので、おそらくご存知の方も多いだろう。

本書は、その「未来食堂」の準備期間から開店、開店後までのすべてを時系列で、しかも脚色なしの事実・本音で余すところなく紹介した1冊。かつてない新鮮な読後感だった。

小林さんは、東京工業大学を卒業後、IBM、クックパッドで6年間エンジニアとして勤務。
その後、飲食業で起業したという異色のキャリアの持ち主だ。とはいえ畑違いでありながら、それまでのキャリアが決してマイナスではなくプラスとして全面的に活かされていることがすばらしい。それこそが、今日の成功につながった最大の要因なのではないか、そんな風に感じた。

キャリアが活かされていると思ういちばんのポイントは、タイトルにも掲げた、「飲食業のオープンソース化」に取り組んだというところだ。

「なに、オープンソース化って?」

それはこれまで誰もやってこなかった、事業計画書から月次の売り上げなど、お店にまつわるあらゆる数字をすべて公開していること。これまでの常識だと、公開することで経営的に大変なのか大変でないのかもわかってしまい、お店の営業や資金繰りに悪影響が出るのではないか、そんな風に考えて公開しないという選択がほとんどだっただろう。

けれど小林さんは違った。すべて公開することでお客様や世の中に共感される、そちらを選んだのだ。
それが話題になると狙ったわけではないが、結果的にそれが差別化の大きな要因となった。
なおかつ開店前に事業計画を公開することで、お店をはじめる大義への理解が進んだことも大きかった。
このあたり、今の時代の価値観をまさに肌感覚で知っている、そんな小林さんの天賦の才能を感じる。

この事業計画書、本書にそのままそっくり掲載されているので、これからお店を開こうと考えている人にとっては大いに参考になるのではないだろうか。この手の資料はなかなか手に入らないだけに、それだけでも十分購入に価するといえる。

さて、この事業計画書。じっくり目を通してみると、実に綿密に作られていることに、まずはじめに感心させられる。

特に事業として成り立たせるための収支計画は冷静かつ現実的で、あらゆる意味でリスク回避の手段が施されていて、補助金や融資する側から見ても説得力があると思った。そんな論理的な部分だけでなく、未来食堂というアイデアが生まれたストーリー、事業の目的…など感性的な部分でも、読み手をワクワクさせる内容だ。うーんと思わず唸らされてしまう。

もうひとつ感心させられるのは、これまでの飲食店にはなかった、新しいビジネスモデルの導入。
ランチは一品だけ。お店を手伝った人にはご飯を提供するというシステム「まかない」。食べたいものをリクエストできる「あつらえ」などなど。他店にないユニークさは、マスコミが放っておくわけがない。狙い的中だ。

競争が厳しい飲食業界にあって、開店間もなくから話題を集め、取材もひっきりなしの「未来食堂」。
たまたまテレビで取り上げられていて知ったわけだが、こうして書籍にまとめられたものを読んでみて、これで人気店にならないわけがないというほど計画そのものの完成度が高い。もう「まいった」の一言である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1497-cf0cb3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad