アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

悪条件なのに成長中。「不思議な会社」に不思議なんてありません。

島根電工株式会社代表取締役社長、荒木恭司さんが書いた「不思議な会社」に不思議なんてない、読了。

「不思議な会社」に不思議なんてない

島根県といえば、県民所得が全国46番目。47都道府県だから、下から2番目です。ちなみに最下位は、おとなりの鳥取県。

島根電工の営業エリアは、その合わせても人口130万人弱という島根、鳥取。しかも業種は建設業という不況業種なのです。

そんな状況にあって、島根電工はバブル期の1.5倍の売上を上げ、いまだ成長中と言います。
さて、その秘密やいかに?、

ある意味、課題先進県といってもいいエリアでの成功例。だからこそ、これからの中小企業にとって、とても重要なビジネスヒントが詰まっている、そんな印象の1冊でした。

たとえば、仕事のやり方。

かつての島根電工はほかの設備業者同様、大型の公共工事やゼネコンの仕事が中心だったそうです。
しかし建設不況に襲われて、これではいけないとなった時にはじめたのが、「住まいのおたすけ隊」。

何かといえば、一般家庭を対象とした小口工事。1000円程度、コンセント1個の交換でも気軽に受け付けることで、良い関係を構築することでいつしか住宅のリフォームなど、金額のはる仕事も受注できるようになったのだとか。

「良い評判」が経営の「良い循環」を生む。ある意味、今の時代の重要な成功法則のいとつではないでしょうか。

少し前に「カンブリア宮殿」で見た、横浜のリフォーム会社の成功事例も同様でした。それこそ数百円の修繕も喜んでやる、狭いエリア内で驚きのリピート率を上げている会社です。

ここで重要になるのが、最初から利益を求めるのではなく、まず相手のためになるという、いわば「利他」の気持ち。できそうですがなかなかできない、その差はどこからくるのでしょうか?私はずばり「経営者の価値観」だと思います。

うまいこと儲けてやろう。経営者にそんな気持ちがどこかにあれば、成熟した今の時代の消費者には簡単に見透かされ、あっという間に悪い評判が広がってしまいます。

「良い評判」と「悪い評判」、まさに紙一重ですね。

そしてこの成功と切っても切り離せないのが、アイデンティティの転換。
「建築業」から「サービス業」への転換です。

どこが違うかといえば、ずばり「人」の考え方。
営業だけでなく、すべての人が「お客様」という人を意識する。すべての接点においてです。
だからこそ必要になるのが、教育を始めとする「人」への投資。
この点でも、島根電工の取り組みは秀逸です。

経営者の「価値観の転換」で、果たしてここまで会社は変われるのか?
こんなにうまくいく例は少ないかもしれませんが、ためしてみる価値はある。
そう思わせる時代背景があります。

このほかにもある意味、常識に捉われない柔軟なビジネスアイデアが満載。
けれどそのほとんどが、言われてみれば確かにそうだ、という正論。あとはやるかやらないかだけ。

あらためて。「不思議な会社」に不思議なんてないんですね。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1492-891182d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad