アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

バイトを大事にする飲食店は必ず繁盛する。当然のことを当然と思える会社。

エーピーカンパニーの若き副社長、大久保伸隆さんが書いた「バイトを大事にする飲食店は必ず繁盛する」を読みました。

バイトを大事にする飲食店

エーピーカンパニーの収益の屋台骨は、言わずと知れた超繁盛店「塚田農場」。

私も犬山で町歩きをした時、夕食でこの「塚田農場」を利用した経験があります。
鹿児島産の地鶏炭焼きをメインにした大変コストパフォーマンスの高い店だったと記憶しています。

本書で大久保さんは自社の目的をこう書いています。

「実をいえば、居酒屋をメインにしている会社ではありません。地方の生産者から、品質のいい食材を直接仕入れることで、中間のマージンと流通にかかるタイムコストをカットし、都心の店舗で鮮度のいい食材を、低価格で提供する。生産から販売までの、一次、二次、三次産業を貫通した六次産業ビジネスの会社で、居酒屋はその販売方法のひとつです。」

居酒屋ではない?!
苦しい立場にある地方の生産者の生活向上を第一に考え、営業が苦手な彼らの販路開拓を肩代わりするために、居酒屋という消費の場を作っている…
正直、まずはこの考えに驚きでした。しかしこの考え方ひとつで、あまたある居酒屋とは明らかに違う一線を引いています。
これがミッション経営の最大の効果なのではないでしょうか。

目的が明確だからこそ、目的を達成するために何が必要かがきちんと共有されている。まさにそれが先に掲げた「ミッション=大義」。理念の実践者、大久保さんが30代前半にして副社長まで上り詰めることができた理由もなんとなくわかるような気がします。

そんなエーピーカンパニーの「人」に対する考え方がまた秀逸です。
それが如実に表れているのが、本書の帯にある一言、「アルバイトは、働く客である。」
この一言に、すべてが凝縮されているのではないでしょうか。

考えてみれば、アルバイトが「塚田農場」で過ごす時間以上に長いのが「塚田農場」を卒業した後に過ごす時間です。
当たり前ですが…こんな当たり前のことをわかっていない会社が世の中にどれほどあるか?
ひとつ間違えば、アルバイトを単なる労働力と考えている会社だって死ぬほどあるはずです。

私も前職時代、辞めていく社員たちが快く思わず会社を去る現場にたくさん触れました。
どんな辞め方にせよ快く送り出せないのは会社の将来にとって絶対に良いことではない、そんな思いを強く抱きましたが、それからみるとエーピーカンパニーの考え方は働く人、特にアルバイトの気持ちをよく理解している、いやぁ、これを知っただけでもこの会社に共感をせざるを得ませんでした。

本書には、大久保さんが店長時代、アルバイトが働きがいを持って働けるよう、さまざまな手段を講じブラッシュアップさせていく実例があの手この手と紹介されています。

それが凄いのは、すべて正論であり、自身がアルバイトだったらきっとこうしてほしいだろうという、徹底したアルバイト目線であること。こんな会社だったら自分もアルバイトをやってみたい、本書を読んでそんな学生が、また増えるのではないでしょうか。

本書を読み終わってあらためて思うこと。
飲食業にかぎらず、これからの企業にとって最も大切なことのひとつ、それは間違いなく「人」への向き合い方です。
お客様に対して、近隣の住民に対して、もちろん社員に対しても。彼らがこころよく思わなければ会社なんて、あっと言う間に消えてしまいますから。
「人」がすべてであると認識すれば、今の価値観を180度変えなければいけない会社もたくさんあるように思います。
さて、あなたの会社は、どうでしょうか?

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1491-c300fa3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad