アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了「学校蔵の特別授業〜佐渡から考える島国ニッポンの未来」

佐渡にある日本酒の酒蔵「真野鶴」五代目蔵元、尾畑留美子さんが書いた「学校蔵の特別授業」。

学校蔵の特別授業

課題先進国と呼ばれる日本、その中でもさらに課題の最先端をいく佐渡での「学校蔵」の取組み、そしてそこで行われた特別事業の内容を再現する1冊です。

少子化、人口減少、高齢社会、過疎…これからの日本を考える上で避けて通れない課題に対してのさまざまなヒントが詰まっていて、ある意味、勇気と元気をもらえました。

舞台は、少子化の影響で廃校となった小学校です。

廃校舎の再活用例は全国でさまざまありますが、ここで尾畑さんたちが取り組んだのが、他では類をみない「酒蔵」としての再活用……。

--------------------

尾畑さんは、佐渡で1892年から酒造りを続ける蔵元、尾畑酒造の次女として生まれました。
女二人の姉妹ということで、幼い頃から漠然と酒蔵を継ごうと考えていたそうです。
しかし中学校の時に姉夫婦が酒蔵を継いだことで、自身は方向転換して東京の大学へ。
卒業後は映画配給会社で宣伝の仕事に携わりました。

そんなわけで東京生活を満喫していた尾畑さんですが、家業を継いでいた姉夫婦が父親とソリが合わず出て行ってしまったこと、父親が病院で入院したことなどをきっかけに「蔵に帰ろう」と決意したのが1994年。

帰った当初は、やることなすことうまく行かなかった、しかし5年目のある日、はたと気づいたのだそうです。

うまく行かないことを誰かのせいにすること、逃げることをやめてみようと。

そうしたら不思議、そこからいろいろなチャンスが舞い込んでくるようになったとか。

ターニングポイントとなったのは発想自体の転換。

縮小する市場で他社とシェアを奪い合うのではなく、微力でも市場そのものが大きくなる方向性に取り組みを変えました。

日本酒離れが著しい若年層を対象にセミナーを開いたり、海外で活躍するビジネスパーソンに酒講座を開設したり。
直接には自社商品の販売と関係ない企画を意識的に仕掛たのだそうです。

そんな地道に積み重ねた結果が、かつてない「学校蔵」の取り組みにつながっていきます。

----------------------------

学校蔵でめざすのは次の4つの取り組み。

1.酒の製造
2.学び
3.交流
4.環境

本書で紹介されているのは、まさに3.交流の場づくりとして開催された3人の先生を招いての特別授業です。

3人の先生とは、
藻谷浩介さん
酒井穣さん
玄田有史さん

いずれも地方創生の取組みにおいて独自の視点を持った、私も大好きな人たち。

3人が尾畑さんと熱く語り合った内容は、佐渡というフィルターを通してみた、まさにこれからの日本が直面する課題の縮図といったものでした。

日本酒好きだからより感情移入して読めたということもありますが、それを抜きにしても、日本文化の象徴ともいえる日本酒の持つポテンシャルの高さ、人をつなぐツールとしての存在価値、なぜ今、日本酒が注目されているのかをあらためて知ることができました。

学校蔵。なんだかワクワクしてきませんか(笑)

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1485-55eae43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。