アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

そうだ、星を売ろう。売れない時代のビジネスモデルとは。

マーケティング戦略アドバイザー永井孝尚さんが書いた最新刊、「そうだ、星を売ろう」です。

そうだ星を売ろう

永井さんを一躍有名にしたのが大ベストセラー「100円のコーラを1000円で売る方法」、読まれた方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな永井さんがまたまた新境地を拓いた1冊。長野県下伊那郡阿智村で取材したエピソードをもとに書き起こした、限りなく真実に近いフィクションです。

心温まる感動の物語ですが、それだけでなく巧みに作られたビジネスストーリーでもあります。読み進めるうちに、自然とビジネス戦略が学べるという優れもの。このあたりは永井さんの筆力の真骨頂です。

さて、本書の舞台、長野県下伊那郡阿智村といえば、先日もテレビで取り上げられていたように、いまでは「日本一美しい星空の村」として全国的に名をはせる人気観光地。

とはいえ、少し前までは温泉客依存でジリ貧となっていた課題いっぱいの村だったのです。

それがどのようにして蘇ることができたのか。その起爆剤となった商品がずばり「星空」というわけです。

物語の中心となっているのは、星空が商品として認知され衰退の一途にあった村を救うそのプロセス。
ふたりの人物の価値観の相違が対比的に描かれていきます。
大量生産大量消費の象徴としての老経営コンサルタント。新しい時代の象徴としての若手社員。
それはそのまま「モノ」の時代と「コト」の時代の象徴でもあります。

二人の価値観が対立する展開はまさに今の地域創生現場の縮図。こんなことが今も全国至るところで起こっているのでしょう。

読んでいても思わずクスっとさせられ、気づいたら若手社員、諸星にエールを送っているという始末。わかっていても永井さんの狙いにまんまとはまってしまう、そのストーリーの展開力には脱帽でした。

そして、その物語にさりげなく散りばめられている、ジョン・コッターやダニエル・ピンクなど数々のビジネス理論も、堅い本をは苦手という人でも、おそらくすんなりと理解できるのでは。

阿智村の「星を売る」物語。
ご本人があえてフィクションと名打つとおり少し美化されすぎているきらいはありますが、地域再生を学ぶ人、地域再生をビジネスとする人にとっても、おすすめの1冊です。

永井さんの著書は、以前にも紹介させていただいています。「戦略力」が身につく方法。


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1481-b10d129a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad