アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2024年までに「会社」は一度死ぬ。そんな時代の企業の在り方、働き方とは?

経営コンサルタント、神田昌典さんが書いた「未来から選ばれる働き方〜会社がなくなる時代のキャリア革命」を読んだ。
(正しくは、後述するようにUTグループ社長、若山陽一さんとの共著)

81mBSJdKtkL.jpg

2012年に出した著書「2022ーーーこれから10年、活躍できる人の条件」で、2024年には「会社」がなくなる。と予測した神田さん。

あれから4年、間違いなく時代はその方向で進んでいる、しかも加速度を増して。その確信が、神田さんに本書を書かせる大きな動機のひとつとなったようだ。

確かに、東芝の巨額赤字やシャープへの鴻海精密工業の支援、またつい最近では三菱自動車の燃費改ざん問題など、大企業が地に堕ちるような出来事が相次ぎ、かつての栄光は見る影もない。ある意味、資本主義社会における「会社」の限界を感じざるを得ない状況にあるのだ。神田さんの予測はまんざらでもないと、多くの人が感じられるのではないだろうか。

本書の冒頭で神田さんは、前書からの4年間で会社をめぐる「環境」の変化について、次の3つを挙げている。

(1)社内で価値を創る時代から、社外で価値が創られる時代へ
(2)社内で予算を獲得する時代から、社外で資金を調達する時代へ
(3)人を育てる時代から、ロボットを創る時代へ

中でも、私が特に見逃してはならないと思ったのが、(1)の「社外で価値が創られる」の意味だ。

神田さんはその典型例として、Airbnb(エアビーアンドビー)、Uber(ウーバー)のビジネスモデルに着目する。

前者は部屋を貸す人と宿泊先を探している人を結びつけるマッチングビジネス。後者は、自分の車に人を乗せる「運転手」と乗せてもらう「ユーザー」を結びつけるマッチングビジネス。

さまざまなメディアで取り上げているので今では知らない人は少ないと思うが、実はこれらの会社、アメリカで誕生してからまだ数年しか経っていない。以前では考えられなかったその急成長の理由のひとつが、社内のリソースをほとんど持たない、使わないということだ。

たとえばAirbnb(エアビーアンドビー)の競合となるのはホテルであるが、ホテルの場合は自前で建物を作る、従業員を教育する、お客様をもてなすサービスを考えるなど、資金と労力をかけて自社内で価値を創らなければならない。

対してAirbnb(エアビーアンドビー)はといえば、部屋を提供する人と借りたい人を結びつけるプラットフォームを用意することがすべてといっても良い。価値そのものはそこに参加する提供者と利用者が作ってしまうのだ。
問題は安心・安全を誰が担保するのかという点だが、その心配もいらない。進化したITが解決してくれる。
Uber(ウーバー)のビジネスモデルも同様である。

こうしたプラットフォームをベースとした新たなビジネスが続々と生まれてくる時代に、多くの社員や不動産を抱える旧来のビジネスが今のままで生き残れるわけがない。神田さんが2024年に「会社は一度死ぬ」という意味は、こういうことなのである。

さて。本書はそんな時代を予測して、いち早く「正社員を派遣する派遣会社」として急成長を遂げているUTグループ社長、若山陽一さんとの共著となっている。神田さんの時代分析に対して、その実践例として若山さんが自社の価値観を話す。それにより、読者はこれからの時代の働き方を自分ごととして考えることができるというわけだ。

若山さんの話はまた別の機会に書くとして、神田さんの話に戻すと、
第5章で神田さんは「コネクティング・インテリジェンス」という本書の核となっている重要キーワードを掲げる。

コネクティング・インテリジェンス。
具体的にいうと、「内面と外面のズレをなくし、常に、それらを一致(コネクト)させていく知性」という意味。

これからの時代は、日常のすべてが情報化され、内と外を隔てていた壁が透明になっていく。ゆえに、これからの時代には、ズレをなくす能力を持つ人や組織が、驚くほどの影響力を放てるようになると。

その背景にあるのは、インターネット、中でもSNSなどの進化による情報のフラット化と個人のメディア化だろう。

企業が自社で情報を囲い込むことや情報を隠蔽することがまず無理になった今、「透明性」という価値観をいち早く受け入れることで、企業も個人もイニシアティブをとることができるようになる。それこそが神田さんのいう、これからの「企業の在り方」であり個人の「働き方」なのではないだろうか。

2024年より早いか遅いかは別として、この先、仕事人生を一社で勤め上げるなどということが成立しないのは間違いない。だからこそ、自らの意思でキャリアを設計することが重要になってきているのだ。

このタイミングで、この本と出会えた人は運が良いのかもしれない。それだけでなく、この本を読んで行動に移せた人は必ずあの時この本に出会えてよかったと言える時がくるはずだ。

神田さんの時代を見透す力、相変わらず衰えを知らない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1471-f2c85a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。