アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

なやばし夜イチに見る、商いの新潮流。

先週の金曜日。新しくはじめるプロジェクトの参考にと、制作会社社長の岡田さんを誘って、納屋橋で月一開催の「なやばし夜イチ」に出かけた。

特に今回は、前々から楽しみにしていた、東海地区の酒蔵が集まる「日本酒夜イチ」の日。

写真-18

写真-17



われわれが納屋橋に到着したのは午後6時ごろ。普通の会社員ならまだ仕事の真っ最中といった時間だろう。にもかかわらず、会場にはもうそこそこの人出があった。しかも、圧倒的に多いのは女性客。

あいにく時おり強風が吹く寒い日だったが、5枚綴り1,300円のチケットとおちょこを片手に、みな思い思いの日本酒を楽しんでいた。

日本酒の消費量自体はもう何年も続けて右肩下がりだそうだが、この様子をみるかぎり、日本酒人気の復活はまちがいなく本物だ。今の時代、消費を牽引する力は女性の手に握られていると言っても過言ではないのだから。

問題はこの人気をどのように実際の購買につなげていくか。ここにはまだ発掘されていない新しいアイデアが求められるところではないだろうか。

そして、なやばし夜イチのもうひとつの楽しみは、小さな飲食店の出店。

地元のオーガニックな食材を使った軽食やつまみが気軽に楽しめる。人気のお店には常連といったようなお客さんが付いていて穏やかな空気に包まれていた。

このムーブメントは、アメリカのシアトルあたりで始まり、ポートランドで新たな価値としてすっかり定着した。最近読んだ本によれば、シアトルではあのスターバックスも名前を隠して、ムーブメントの象徴ともいえるサードコーヒーの店を出店しているとか。

長く続いた、大企業主導の大量生産・大量消費の時代。たくさん作るから成り立つビジネス、ポイントは、安さと効率性にあった。テレビCMは消費者の背中を押す強力な武器となった。

しかし今はどうだろうか。

ちょっと高くても、生産者の顔が見えて安心できるもの。手間暇かけた「非効率さ」に価値があったりする。そう、時代は大きな転換点を迎えているのだ。

こういった時代では、大企業はメリットを発揮できない。はっきり言って、小回りの効く中小企業の出番。だから小さな会社こそ、大企業が提供できない独自価値を追求すべき時なのだ。



なやばし夜イチ。お客様とわずか数十センチの距離で交わされる、まさに小商いの世界。

彼らの楽しそうな笑顔をみていると、明らかに世の中の価値基準が変わってきていることを感じる。なかなか目には見えにくいけれど、それはゆっくり確実に。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1466-9cdbfbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad