アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

一品で会社を変える。中小企業の特効薬になりうる1冊。

経営コンサルタントの岡村衞一郎氏が書いた「一品で会社を変える」を読んだ。

71QBcDyhZZL.jpg

イノベーションの手掛かりとしての「一品」開発が本書のテーマである。

会社を変えること。

時代そのものが大きく転換していこうとしている今、中小企業はもちろん、大企業でさえ、今までどおりでは生き残っていけない。ある意味意図的に会社を変えていかなければ、社会からの退場を余儀なくされるだろう。

そんな状況で岡村氏が重視するのが「一品」の力だ。

一品とは、足元にある強みを熟成させ、違いをつくること。新たにつくった価値が誇りに変わり、誇りの連鎖が価値創造の原動力になると森村氏。

自社の「一品」にとことんこだわり、進化させ深化させることが重要である。

ではどうすれば「一品」を持つことができるようになるのか、本書ではその具体的なメソッドが紹介されている。

たとえば、第5章:「一品」で会社を変える5つのステップ。

「一品」を探す、から「一品」に込める、「一品」を伸ばす、「一品」で発見する、「一品」で広げる、と続く。

さらに第6章では、「一品」で会社を変える6つの道具として、道具として実践的に使える6つのフォーマットが提示される。

さらにその後の第7章では、上記を実践した結果として9社の「一品」の具体例も。

ここまで読み進めれば、自社の「一品」が通用するものか考え直すべきか、判断できるだろう。

一品は、言葉を変えれば「自社だけの強み」。ブランディングで言えば「自社らしさ」。

それを「一品」に集約させて、岡村氏は見事に1冊にまとめあげた。

選ばれるための「一品」磨き。本気で取り組めば、まだ間に合う。
人材確保や販路開拓で悩む中小企業にこそ、特効薬となりうる1冊なのではないだろうか。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

紹介ありがとうございます

ご紹介ありがとうございます。

一品で会社を変える。中小企業の特効薬になりうる1冊。

ここを目指して書き上げました。

もしご興味があれば読書会や対話会など行えればと思っております。

Re: 紹介ありがとうございます

岡村様

> ご紹介ありがとうございます。

こちらこそありがとうございます。勉強になりました。

> 一品で会社を変える。中小企業の特効薬になりうる1冊。
> ここを目指して書き上げました。

一品の力。中小企業にとっての重要性、十分に伝わりました。

> もしご興味があれば読書会や対話会など行えればと思っております。

機会があればお話を伺いたい気持ちはあります。
その際にはお声がけ頂ければうれしいです。
次回作も期待しております。

  • 2016/04/20(水) 23:20:30 |
  • URL |
  • スミダマサル #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1462-44d5d606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad