アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

なぜ売ってはいけないのかがわかる。高級ブランドに学ぶ「売らずに売る技術」。

ライター・編集者の小山田裕哉さんが書いた「売らずに売る技術」を読んだ。



久々に文句なく人にすすめたくなる1冊。「売り込んだら売れない」を信条に、ここ10年ほどビジネスのあり方を研究してきた私にとって、あらためて「売る」ことの奥深さを教えてもらう1冊に出会った。


本書の前提となっているのが、今が企業にとって「売ろうとして売ることが難しい」時代にあることだ。
いささか逆説的であるが、そんな時代にどうしたら「売れる」のか、そしてそのために企業が何を考え、どのように振る舞うべきかが本書での小山田さんの一貫したテーマになっている。

本書が他のブランディング本と決定的に違うのは「ラグジュアリーブランド」を題材に選んでいる点。

なぜ小山田さんがラグジュアリーブランドを選んだのか?
理由は、ラグジュアリーブランドは、ブランディングの本質である「安売りせずにどうやって売るか」を追求しているからだそう。
確かに安易に価格競争に走らないからこそ、他者との違いを作る独自の物語や世界観がより重要になってくるに違いない。そしてそれこそがブランドを決定づける重要な要素なのだ。


さて。今ラグジュアリーブランドの世界では、大きな地殻変動が起きている。
その最大の原因は、デジタル化の進展、そしてスマートフォンとソーシャルメディアの台頭。
小山田さんは、ここ10年ほどの間に、そのパラダイムシフトを取り込めたブランドと取り込めなかったブランドの2極化が起きていると指摘する。

中でも象徴的に紹介されているのがバーバリーの再生。デジタルの価値観をどのように受け入れるべきか頭を悩ませている経営者、幹部には実に参考になる話である。


本書の中で、特に私が興味を覚えたのは、第4章。人々がブランドに求めるのは「お買い得」か「信頼」か。

「ソーシャルグッド」という言葉を聞いたことがあるだろうか。
「ソーシャルグッド」を直訳すると「社会に善い行い」、ラグジュアリーブランドがまさに今競い合っているのは、「ソーシャルグッド」によるブランディング。そしてそのブランディングこそ、今消費者を動かす最大のプロモーション、まさに著者が言う「攻めのブランディング」なのである。

それが可能になったのは、先にも書いたソーシャルメディアの影響力。ソーシャルメディアの上では偉い経営者も昨日入ったばかりの社員も対等の関係、肩書きではなく共感できるかどうかで評価が決まる。共感の積み重ねで「信頼」を得ることもできれば、ちょっとした不遜な振る舞いで「信頼」は一瞬にして「不信」になってしまう。

ゆえに、今の時代の「ソーシャルグッド」とは、企業の価値観そのものといってもいいだろう。対して、「信頼」がいかに重要か、まだまだわかっていない経営者が多いと感じるのは私だけだろうか。

世の中が「価格」から「価値」の時代に転換しつつある今、その最前線にあるラグジュアリーブランドが今どんなことを考えていてどこに向かおうとしているのかを知ることは、まさにこの先やってくるであろう時代の新たな潮流を知ることにつながる。そういう意味では、経営者にとってもいわば「道しるべ」となるような1冊になるのではないだろうか。読んで損はない1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1460-b142af89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad