FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

北京オリンピック、開会式に思うこと。

東京オリンピックを知る者としては、北京オリンピック開会式を見て、
あらためてこの44年間の時代の変化に驚かざるを得ない。

何が違うかと言うと、異なっている点はたくさんあるが、
特に象徴的なのがその行進の様子だ。

行進していると言うよりはイベントの一参加者と言う印象。
手には携帯電話、デジタルカメラ。
中には携帯電話で通話しながら行進している者もいる。

仮に携帯電話を持っていたとしても少し前なら、恐らく持ち込み禁止となっただろう。
それほど携帯電話は生活の一部となっているとこの光景を見てあらためて思った次第。

時に携帯電話が子供に与える影響が議論の対象となるが、
ここまで来ると与える与えないはすでに議論の対象ではないかも知れない。

与える前提で使い方を問うべき時代になっているということだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/146-fb8b7d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)