アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。」読後録

もと広告会社、I&Sのコピーライター、現在はフリーランスライターの境治氏が書いた「赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。」を読んだ。



現在の子育て環境が、いかに厳しいか。そして、その厳しさの原因はどこにあるのか。

そんなテーマで書かれた境氏の初出版本。しかも出版社の三輪舎自体が初の出版だという。
しかし、これが実におもしろかった。そして私自身、あらためて「子育て」という人生の一大作業について、あまりの無知さを知らされることになった。

本書が出版されるきっかけとなったのは、氏が書いたハフィントンポスト日本版での記事が17万いいね!を獲得したこと。そのタイトルが「赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。」

境氏はこの反響をきっかけに、本格的に「子育て」世代の現実に対して取材を開始する。

そこで見えてきたこと。

簡単にいうと、核家族化により会社というムラと子育てというムラが生み出され、かつてはそれぞれのコミュニティに男性、女性が居座りバランスが保たれていたが、女性の社会進出が進んだことにより、やがて会社ムラに入り込んだ女性が子どもを産むと、それぞれのムラで摩擦が生じることになり、子どもを持った女性はどちらのムラでもいづらくなる。その現実がわかる以上、積極的に子どもを持とうという夢を描けない…出産率が一向に上がっていかない大きな原因のひとつだ。

そしてその現実の背景にあるのが、いまだ会社ムラ中心の世の中であること。政府が出産率向上を掲げても、企業が変わらなければ、出産率は永遠に上がっていかない。夫の子育てへの理解と協力が必要不可欠であるからだ。これが本書での鏡氏の結論といってもいい。この鏡氏の結論に私自身も全面的に賛同する。大手中心に確かに夫の子育てへの参加は環境が整いつつある。しかし、業績が好調な大企業が多い今は良いものの、ひとたび業績が悪化したとしたなら、どうなることか…。
根本的な解決にそろそろ国自体が価値観を変えなければいけない時なのではないだろうか。

ここでは書かなかったが、本書では、そんな世の中にあって新たな取り組みを始めている人たちも多く紹介されていて、着実に世の中が変わり始めている予感もひしひしと伝わってくる。

このスピードがさらに加速するのか落ちるのか、そのためには一人でも多くの人に現実を知ってもらうことが必要不可欠だ。そういう意味では本書が出版された意義は大きい。


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1456-3573b767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad