アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「共創」できる会社・人材が、これからの世の中を変えていく。

楽天大学学長、仲山進也さんが書いた『あの会社はなぜ「違い」を生み出し続けられるのか~13のコラボ事例に学ぶ「共創価値のつくり方」』を読んだ。



テーマは「共創」。
斎藤徹さんの著書「BEソーシャル!」で、いま経営に求められている5つのシフトのうち、ビジネスモデル「競争」から「共創」へとして取り上げられている「共創」であるが、本書では売るという視点でさまざまな実例を取り上げて、その価値について言及している。

仲山さんは前述のとおり、楽天大学の学長。ECコマースのプロとして活躍中であるが、同時にチームづくりを研究し実践するプロフェッショナルでもあるらしい。
つまりは、売ること×チームをつくること=共創という考え方になるのだろうか。

本書の中で興味深く読んだのは、2つ。

ひとつ目は、競争者と共創者の違いについて書いた章。

リソースを消耗しあう競争者に対して、リソースを掛け合わせる共創者。
孤独に闘う競争者に対して、異能と遊ぶ共創者。
ウィン・ウィンの競争者に対して、ハッピーハッピーハッピーの共創者。

どうだろう、見出しだけ読んでもいかに競争者の置かれた立場が苦しいか、わかるのではないか。

もうひとつは、事例として紹介されている「つくえ、つくろう」。

広島県府中市の国産家具の小売「家具の里」が毎年行っているキャンペーンだ。
地元のNPOと組んで、月に一度、合計4回、親子揃って広島に集まり「学習机」を作るというもの。
最後は、親子で机に名前をつける「命名式」をやったあと、親から子への「贈呈式」が行われる。
机づくりというプロセスを通して、しだいに親子の絆が深まっていく。

これで商売になるのかという声があるのであればそれは浅はかすぎる。
ここで得られる最大の利益は「評判」「共感」というお金では買えない価値なのである。
まさに売り手と買い手が一体となった「共創価値」ここにあり、というすばらしい発想の事例。

ちなみに、この「家具の里」という会社の経営理念は「家族の絆」。まさに理念を体現する企画、さらに理念のもとに集まった人の共創であるから、その絆自体も強く揺るぎがないのだ。

こうした発想は、会社の中で議論を続けていても決して生まれない。
外の風に触れてみて、異業種と触れてみる。売ることから少し距離を置いてみることも重要かもしれない。

これからの会社は開かれた会社であるべき。そう考えられた会社だけが世の中を変えていける。
そういう意味では、「共創」ができるかいなかは、これからの会社を図る貴重なモノサシなのではないか、本書を読んでそんな思いを抱いた。



テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1452-f83dfba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。