アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

双雲流、しあわせになれる「はたらきかた」

書道家、武田双雲氏が書いた「しあわせになれるはたらきかた」を読んだ。



書道家として認知度は抜群、しかしながら著者としての彼は?がこれまでの私の評価だった。
(ファンの皆様にはごめんなさい)

が今にして思えば失礼な話。著書においても大変な才能なのである。
歯切れが良く、ブレがない。おそらく集中力が人一倍問われる書道家で培われたところも大きいのではないだろうか。

本書「しあわせになれるはたらきかた」はそんな武田氏の、ベストセラーになった「ポジティブの教科書」に続く最新刊。
帯にもあるが、「すべての働く人に贈る、仕事でわくわくできる方法」を武田氏が伝授するものだ。

武田氏が提唱するのは、頑張りすぎない働き方。確かに今の時代、頑張りすぎて消耗している人も多い。それどころか心まで消耗して容易に立ち直れない人も激増しているようだ。

武田氏がこの考え方に至った背景には武田氏のサラリーマン体験がある。実は武田氏自身、書道家になる前はNTTの社員。結局、会社生活になじめず早々に退社することになるのだが、その時に学んだことが本書のベースになっている。

本書にこんな一節が。

「頑なに張ると書いて頑張る。頑張るからこそうまくいかないこともあるんじゃないかと」
「楽しくない仕事を続けていても、おそらくいい結果には繋がらないんじゃないと思うのです」

企業人として成功することも大事だけれど、毎日を気持ち良く過ごせることの方がもっと大事。
武田氏にとって、早々の会社員生活からの撤退は、まさに最善の選択であったことが伺える。

たまたまであるが、データによれば今日9月1日は年間通して学生の自殺者がいちばん多い日らしい。季節の変わり目にあるだけに、おそらくは社会人でも似たような傾向にあるのではないか。

好きになれないこと。どうしても我慢できないこと。心が落ち込むこと。

直面している張本人にとってはそれどころではないだろうけど、結局のところ自分を追い込んでも何も変わらない、ある種あきらめの気持ちも必要なのかもしれない。

日々の行動と考え方を少しだけ変えるだけで周りの景色が違って見える。本書にはそんなヒントがいっぱい詰まっている。

難しく考えるのは止めよう。今日1日をめいっぱい楽しんでみよう。案外それくらいで丁度いいのかもしれない。何せ人生は長いのだから。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1446-cace0bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad