アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私らしく」働くこと

フリーライター、一田憲子さんが書いた『「私らしく」働くこと』を読んだ。



私が普段読むのはもっぱらマーケティング、広告関係の書籍になるが、書店での楽しみはジャンルに関わらずあらゆる棚を見て回ることだ。なぜなら、ネット通販では味わえない、本との偶然の出会いがあるから。
本書もそんな偶然の幸せな出会いによって見つけた1冊。嘘のような話であるが、通り過ぎようとしていた私を手招きするように、ひっそりとそこに佇んでいたのである。

運命に導かれるように開いてみたら・・・
第一印象は、圧倒的な文章力。著者は、「暮らしのおへそ」など、フリーライターとして長いキャリアを誇る一田憲子さん。取材対象の個性を引き出すのが抜群に上手いのだ。

そんな一田さんが本書で取り上げたのは、8人の女性の働き方。

CHECK &STRIPEオーナー在田さん
蔦屋書店勤務、勝屋さん
BEAMS勤務、中田さん
出張料理人、後藤さん
広告代理店勤務、葉山さん
文筆家、小川さん
リペスト勤務、山田さん
そして、
最後は、自身を「私の働き方」として締めくくるという粋なまとめ方。なるほどこういう視点を持つ人はこんな生き方をしているのだと合点が行く。

年齢もライフスタイルも価値観も、まるで異なる8人であるが、こうして1冊読み終えてみると共通点も多いことに気づかされる。

それは自身の仕事に夢中で、とことん誇りを持っていること。そして何より人生を楽しんでいること。

さらには、彼女たちの「働き方」を通して、今という時代が透けて見えるのだ。

彼女たちの「働き方」を、時代というフィルターを通して見事に引き出した一田さん。

何より本書を通して彼女の文章と出会えたことが本書の最大の収穫でもあった。
今後も注目してみていきたい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1444-bff922a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。