アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間、生まれたからには、必ず役割を持っている。

株式会社S.Yワークス代表、佐藤芳直氏が書いた「役割」を読んだ。



佐藤氏は早稲田大学を卒業し、日本マーケティングセンター(現 船井総研)に入社、その後コンサルタントとして独立して今に至る。

本書の帯のキャッチフレーズが「なぜ、人は働くのか」とあるように、社会に出てしばらくの悩みを抱えた社会人に向けて書かれた本である。
しかしながら、私のようなそろそろ現役の社会人人生からリタイアするような年齢の者にとっても、いろいろと示唆に富んだ一冊だった。

佐藤氏の社会人人生は、運命的とも言える状況で船井総研の創業者、船井幸雄氏と出会ったことから始まる。これを縁に導かれるように入社、以降長い時間を船井氏の側近として過ごした。

そこで培われた価値観をベースに書かれたのが本書「役割」である。


すべての人は役割を持って生まれてくる。それが本書のテーマ。

それを象徴する船井氏とのエピソードが本書に登場する。

佐藤氏の長男、由樹君は身体に障害を持って生まれてきた。そのことを船井氏に初めて報告に行った時、船井氏はこういったそうだ。

「そうか。障害を持って生まれてきたかぁ、それは良かったなぁ」と。

そして、こう続けたそうだ。
「おまえに何か教えようと思って、おまえを選んで生まれてきたんだぞ。おまえはこういう仕事を選んで、たくさんの人に何かを教える立場にある。彼から学んだことを教えてあげなさい。世の中、そういうことで悩んでいる人も多いのだから。そうか、良かったなぁ・・・」

佐藤氏が自らの生まれてきた「役割」をまさに自覚した瞬間だ。佐藤氏いわく「天命」の誕生日ということになる。

若いうちはもちろん、この歳になっても生まれてきた役割を見つけれれない悶々とした私のような存在も多いだろう。いや、役割など、そもそも考えたこともないという人も多いかもしれない。

たとえ今がそうであっても、自身の人生の役割を探し続けることが、生を受けてこの世にある使命なのではないか。

そしてその想いを抱き続けるかぎり、人は人として輝けるのではないだろうか。

佐藤氏の長男、由樹君は船井氏が亡くなった数ヶ月後の昨年春、めでたく社会人となり、初給与を得て満面の笑顔で持ち帰ったそうだ。

その額、2,280円。

佐藤氏の喜びもひとしおだっただろう。

人間、生まれたからには必ず役割を持っている。

少し立ち止まってその役割を考えてみる。そして、たとえ少しでも世の中の良い方向へ軌道修正してみる。
それだけで今より幸せな社会を作れるのではないだろうか。

心の温度が少しだけだけど、確実に上がる。今目の前に不安や悩みを抱え、将来に希望を抱けない、そんなあなたにおすすめしたい1冊だ。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1441-b74335bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。