アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンを作り増やすために、大切なこと。

ファンクラブコンサルタント、中村悦子氏が書いた『お客様を虜にして離さない「ファンづくり」の法則』を読んだ。



ファンクラブコンサルタントとは?そんな職業がある?と目を留めさせれば、まずは掴みは成功だ。何を隠そう、中村氏の前著での私がそうだった(笑)

中村氏が提唱するのは農耕型マーケティングだ。

狩猟型が営業テクニックを駆使して強引なセールスをメインに数字を獲得するのに対して、農耕型マーケティングは時間をかけて顧客との関係を深めることにより長期的な利益確保を求めていくもの。

市場のパイ自体が拡大している時は狩猟型マーケティングは通用するのかもしれない。しかし現在のような市場全体がシュリンクしている時代には、売ろうとする気持ちが強ければ強いほど生活者からソッポを向かれるという悪循環が起こりやすい。
そのことを経営者が分かっていればまだ救いはあるが、そうでない場合、その会社はブラック企業への道まっしぐら。
そして被害を被るのはお客様以上に、そこで働いている社員ということになるだろう。
そもそもブラック企業のレッテルを一度貼られてしまえば企業の存続自体も難しい時代。
従って農耕型マーケティングを志向することは、ある意味、低成長時代の現代においては必然と言えるのではないだろうか。

少し前置きが長くなったが、中村氏が今の仕事を始めるきっかけとなったのは、宝塚にいた娘のファンクラブ運営を自ら手がけたことに始まる。

どのように運営すればファンが増え関係を深くすることができるか。ファンの目移りも激しいであろう宝塚での、しかも自らのリアルな経験だけに、そこで培った中村氏のハイレベルなノウハウは非常に説得力がある。

どのようにしたらファンが出来上がり、どのようにしたらファンが去っていくか、ビジネスにおいてだけでなく、中村氏自身が顧客として体験した好事例、悪事例も豊富で、わかりやすく解説している。

以前にこのブログでも取り上げた佐藤尚之氏が最新著書で提唱している、ファンベースマーケティングとの共通点も多い。

さて、経営者がファンベースマーケティングを取り入れることは比較的容易であるが、今なぜファンベースマーケティングが効果的なのかを時代背景とともに理解できないと、真に売り上げありきの号令型経営から決別することは難しいだろう。

口コミをしてくれる「うさぎファン」の作り方
リピーターになってくれる「カメファン」の作り方 などなど、すぐに結果につながりそうな手法満載で、ともすると手っ取り早くそのエッセンスを頂こうと考えてしまうかもしれない。
しかしながら上っ面だけを適当に頂こうとしても、おそらくうまくいかないだろう。

重要なのは、共感やつながりという価値の考え方だ。まずは経営者が価値観を変えることの大切を肌で感じることができれば、新たなマネジメントへの扉を開けることができるだろう。

狩猟型から農耕型へ。特に小売業の経営者がマネジメントのあり方を根本から見直す、そのきっかけの1冊としてはオススメの1冊である。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1440-5eaecbe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。