アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

食べることは、生きること。未来へつなぐ食のバトン。

大林 千茱萸(ちぐみ)氏が書いた「未来へつなぐ食のバトン」を読んだ。



子供たちの給食を地元産の有機野菜でまかないたい。そんな想いを実現するために、なんと土づくりから始めたという大分県臼杵市の取り組み。

単に植えて育てるというわけにはいかない。土そのものを堆肥作りから考え、時間を掛けて、実際に形にしていった。
子供の将来を担う「食」に賭ける本気度が伝わってくる。

そんな取組みを、前町長から直々に依頼を受け、大林氏が記録したドキュメンタリー映画が「100年ごはん」だ。

本書はそのプロセスで大林氏が学んだこと、出会った人、そして完成後の上映会でのさまざまな体験を綴ったもの。

少し余談になるが、映画、そして大林という名字。それだけでピンとくる人もいるだろう。そう、大林氏は、かの大監督、大林宣彦氏のお嬢さんだ。

映画を観ていないので何ともいえないが、幼い頃より父親の背中を見て育ってきた、おそらく感性は父親譲りなのだろうと、本書を読む限り想像に難くない。

さて、映画もそうなのだろうが、本書の最大の特長は、有機野菜に知識が少ない彼女が、

・そもそも「有機野菜」とは?
・完熟堆肥はどうやってつくられるのか?
・なぜ野菜にとって土は大切なのか?

読者が同様に抱くであろう素朴な疑問をひとつひとつ解決していく、答え探しのプロセスにある。

好奇心旺盛な彼女、行動力もひとしおで、ひとつの行動がまた次の行動につながっていく。
そんな「つながり」の連鎖、彼女の人柄の良さを本書の随所で垣間見ることができる。

そんな彼女の彼女らしさが、おそらく映画でも功を奏し、良質さを生んでいるのではないだろうか。

「つながり」の連鎖を意識させられるエピソードは、完成後の上映会の様子にも見て取れる。

このドキュメンタリー映画のもうひとつの特長、それはメジャーな興行ではなく、自主上映会を中心にしていること。
そして上映会の主催者はクチコミ、紹介をメインにしていることだ。

映画を見て、私も上映会を開催してみたい、そんな想いのつながりに、読んでいて知らず知らずのうちに胸が熱くなり幸せな想いに浸ることができた。

本書を読んで映画を観てみたくなった。それは私だけではないだろう。

本×映画。ノベライズだけでない新しい可能性のかけらをここに観たような気がする。

そしていささか道が逸れてしまったが、本書の本題である「未来の子供たちにつなぐ食のバトン」、食と土の関わりは本当に大切である。土はすべてのはじまりり。あらためてそう気付かされた。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1436-ab4ef86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad