アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

3000億円の事業創造、基点は社会課題の解決。

ドリームインキュベーターの三宅孝之氏と島崎崇氏が書いた「300億円の事業を生み出すビジネスプロデュース戦略」を読んだ。



ドリームインキュベーターは、創業以来15年に渡り、大掛かりな事業創造である「ビジネスプロデュース」を多数手がけてきた会社。

そのドリームインキュベーターの「ビジネスプロデュース」の定義は、ズバリ3,000億円の事業創造だそうだ。
事業といっても自分が関わってきた事業とは桁が違うだけに正直想像がつかない。ここまでの規模になると、個人のアイデアレベルでは実現不可能な領域である。

著者いわく、それを実現するためには「社会的課題への着目」と「業界の枠組みを超えた発想」が不可欠だと。

本書ではドリームインキュベーターがそんな事業創造を多数手掛けてきた中で見えてきた方法論が紹介されている。

第1章は、日本企業が今置かれている時代背景を分析。
第2章は実際にプロデュースをした事例の紹介。
第3章は、ビジネスプロデュースの進め方、注意点を5つのステップに分けて解説。
第4章は、より自分事として理解してもらうためにビジネスプロデュースの架空ストーリーとして疑似体験。
最後、第5章ではビジネスプロデューサーになるための要諦と活躍のための要件のまとめ。

以上であるが、私が特に興味を覚えたのは、本書において何度も繰り返し登場する「つながる」ことの重要性。

「つながる」といえば、ITの活用が頭に浮かぶが、本書でいう「つながり」とは単にそれだけでなく、自社の壁を越えた競合との連携や、場合によっては業界の垣根を越えた、まったくの異業種との連携を指す。

結局のところ、日本企業特有の自前主義や過去のしがらみに縛られた業界意識を払拭できなければ、規模の大きい事業創造などは実現できないということだろう。

それは個人にもあてはまる。これからのビジネスマンにとっても内向きで常識的な発想は淘汰され、その価値観を変え積極的に未知なる世界とつながっていかない限り、企業の中で生き残っていくことはより難しくなるのではないか。

3000億円の事業創造。
それ自体はほとんどの人にとって蚊帳の外の話かもそれないが、とはいえビジネスプロデュースの視点は、すべてのビジネスマンに求められる能力であることは間違いない。

そういう意味では、ビジネスプロデュースを体系的に、しかも俯瞰的に学ぶことのできる稀有な1冊の登場と言える。


テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1432-ad623b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad