アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

自社が何のために存在するのか。常に問い質すことこそ、理念経営の真髄。

株式会社エフシーエス社長、藤本繁夫氏が書いた「オーナー社長のための理念経営 4つの戦略」を読んだ。



かつて、労働集約型で典型的な下請け企業だった著者自身の会社。
短納期、低価格、そしてお客様からの際限ない要求…利益が上がらない構造にあった状況から、どうしたら脱することができるか。

その課題に藤本氏が真っ正面から取り組んだ結果、わかったことは、組織内の「ダブルスタンダード」の横行。

役員や中間管理職からは、ルールをきっちり遵守しており何ら問題ない、の報告。しかし実態は、現場だけが知っている「裏ルール」の蔓延だったそうだ。
この悪しき習慣が、お客様とのトラブルを引き起こし、仕事の効率を低下させ、結果的に利益率の低下を招いていた…

どこにもある話と片付けてしまえばそれまでだ。
より監視を厳しくし裏ルールが蔓延らないようルールを徹底させる、当然ではあるが、しかしそれでは根本的な問題解決には繋がらない。

そんな状況で、藤本氏が選択した起死回生の策が、「理念経営」への転換である。

結果から言うと、社員数が減少したものの、翌年には早くも売り上げは126%UPし、会社再建に成功したという。

苦境にあり、理念経営を取りれようとする企業は少なくない。
しかしながら、大半は長続きせず、いつの間にか以前のマネジメントに戻ってしまうのが現実のようだ。

成功と失敗を分かつものは?成功に導く、本当に大切なことは?

理念経営は、取り組むだけで答えがすぐ出るものではない。事業は人が行うものだから、業務を遂行する人に、理念が浸透する(させる)ことが何より重要なのである。

本書で藤本氏は、理念経営を成功に導くための4つの戦略を紹介している。

中でも中核的な戦略が、「経営計画書」の作成と、徹底的な社員間での共有。

経営計画書は、ビジョンから具体的な行動計画など、経営に必要な事項を網羅した、いわばバイブルとも言える存在だ。
中でも藤本氏が強調するのが、ビジョンにおける社会貢献の視点。

大切なのは、自分たちの会社が何のために存在するのか。どのような世の中の課題を解決できるのか。そこを考え直すだけでも、結果は違ってくる。業務に追われているととかく忘れがちなことであるが、それだからこそ社会性を持った理念の共有が重要になるのだ。

個人的に本書で心残りだったのは、経営計画書の記述の掘り下げ。もう少し具体的に記して欲しかったが、そのあたりは自作に期待したい。

理念経営。
そんなきれいごとで会社の業績は回復するのか?

その答えはイエスでもありノーでもあるだろう。
最終的には、経営者の価値観、それに尽きると思う。愚直に継続的に社員の幸せを心底求めれば、顧客が見放さない。

企業の価値とは、顧客が認めてはじめて価値となるのだから。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1431-1c13ee08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad