アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

あなたの会社の「らしさ」は明確か。

株式会社フリーセル社長、木村裕紀氏が書いた「ブランドファースト」を読んだ。



フリーセルは、Webマーケティングを皮切りに現在は企業ブランディングに注力する会社。本書はその根幹となる考え方、自社が実践する手法についてまとめられた、木村氏はじめての著書となる。

本書で展開されるメッセージはシンプルだ。
ブランドとは企業の「らしさ」である、と木村氏。

「らしさ」とは独自性であり、他社との違いだ。「らしさ」を見直して、適切なコーポレートメッセージに変えて、社員間で共有、さらに顧客、見込み客へ発信していく。その結果として、売上、利益が付いてくるというのが木村氏の主張。

ともすると売上、利益を求めるあまり、売ることがすべてに優先され、売上のためなら手段を選ばず、企業のらしさなど一切関係なしという企業も時折見受ける。

そこまで行かないとしても、広告とホームページがまったく別に企業に見えてしまうケースなどは、まさに「らしさ」が明確になっておらず、表現がぶれてしまう、ブランディングをなおざりにした悪い見本と木村氏は指摘する。

本書において私が注目したのは、ブランディングの考え方をボウリングのピンに見立ててわかりやすく解説している点。

センターピンがCI(コーポレートアイデンティティ)=らしさ。このピンの後ろにインナーブランディングとアウターブランディングの2本のピンが並ぶ。そしてその後ろに…

「らしさ」が明確になれば企業ブランディングは雪崩式に円滑に進む。あくまで出発点は「らしさ」というわけだ。

中小企業にとっては厳しい状況が続く昨今であり、目の前の売上が優先されることは間違いないが、肝心なのは、あくまで売上はお客様次第だということ。

かのコトラーの名言に『今日の売上と引き換えに明日の顧客を失うことがよくある』というものがあるが、今こそ「らしさ」を見直して地に足のついた持続的成長を考えてみる、そんなタイミングなのではないだろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1429-4f3f8b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad