アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

めざすのは、月曜の朝がいちばん楽しい会社。

株式会社イマジナ社長関野吉記氏の書いた「想いをブランディングする経営」を読んだ。

イマジナは、企業ブランディングを通して「月曜の朝がいちばん楽しい会社」を作っていこうと考えている会社だ。



私自身の長い会社勤めの経験で、はたして月曜日が楽しいと思えることがあっただろうか。
振り返ってみても、おそらく数えるほどしかないだろう。

月曜日の朝がいちばん楽しい会社。本書には企業ブランディングに取り組む、10社の中小企業の具体的な事例が登場する。そのいずれもが、確かにこんな会社なら働く社員も月曜日の朝が楽しくなるのだろうな、と思わせる何かを持っている。

それが何であるか。著者の関野氏によれば、それはずばり「経営者の想い」である。

想いとは、自社の事業により今より幸せな世の中にしたいとか、一緒に働く社員を幸せにしたいとか、さまざまあるが、共通するのは、自分自身が主語でないことだ。

一流を目指すなら、まず一流の考え方を持たなければならない。もちろん人も企業もである。私自身、あらためて学ばせてもらった。

さて本書の著者である関野氏が代表を務める株式会社イマジナは、先の「月曜日の朝がいちばん楽しい会社」をキャッチフレーズに、企業価値を高めるさまざまなサービスを提供している。そして、その中心となるのが、もう一人の代表、奥山由実子氏が推進する、企業カルチャーを中心に会社の想いをブランディングする「カルチャーブランディングプロジェクト」だ。

カルチャーブランディングとは耳慣れない言葉であるが、企業文化こそ「月曜日の朝がいちばん楽しい会社」をつくるための重要なエッセンスであり、企業文化を社内外に浸透させることで、差別化されたブランド認知を生み出し、エンゲージメントを創造し、企業価値を高める。そんな企業ブランディング構築のアプローチ方法だ。

ひと言にブランディングと言うが、その実態、取り組み方は千差万別で永遠に答えのないものだ。しかもその成果は目に見えるものではない。

それだけに「月曜の朝がいちばん楽しい会社」は考え方として非常にわかりやすのではないだろうか。

重要なのは、こうありたいと強く想うことだ。そしてその想いを愚直に形にしていくこと。短期に答えを求めるのではなく長期に渡って根気よく取り組むことも大切である。

株式会社イマジナが提唱する、想いをブランディングする経営。本書自体がイマジナのブランディングの重要な役割を果たしており、本書を読んで私自身もぜひ直接話を聞いてみたいと思った次第。

企業ブランディングに取り組むも、なかなか上手くいかない。そんな悩みを抱えているのであれば、ぜひ一読をおすすめしたい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1428-6485534d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad