アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

「やらないこと」をやり続ける勇気。

経営コンサルタント阪本啓一氏が書いた、『繁盛したければ、「やらないこと」を決めなさい』を読んだ。



阪本氏と言えば、今から15年ほど前、セス・ゴーディンの書いたパーミッションマーケティングを日本で広めた人として、広く知られるようになった。私自身も当時大いに影響を受け、以来、阪本氏の著書は新刊が出るたびに読ませて頂いている。

さて本書は、そんな坂本氏の『「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。 (「市場の空席」を見つけるフォーカス・マーケティング) 』以来の待望の新刊。

自社の「強み」がなかなかわからないと嘆く経営者も多いと聞く。

そんな経営者に対して阪本氏は、「やらないこと」を決めることで、自ずと「強み」が見えてくるという。

中小企業や小さなお店に必要なのは、まず「やらないこと」を決める勇気。

そんな勇気ある経営者に対して、坂本氏自身の持てるノウハウを惜しみなく提提供しようというのが本書のテーマである。

それでは何を「やらない」と良いのか?

阪本氏によれば、次のような「やらない」だ。

大きくなることを「やらない」

何屋さんか商品(サービス)で定義することを「やらない」

顧客の記憶に残らないことは「やらない」

低価格戦略は「やらない」

やめても何も起こらないことは「やらない」

などなど。

そして最後に阪本氏は、繁盛している会社・お店に共通する、たった1つの「やらないこと」として、次の言葉で本書を締めている。

それは、昨日と同じことを「やらない」

日々どんなに小さなことでも昨日と違うことで変化し続けること。

それは何より阪本氏自身の生き方そのものである。

努力を止めた時に成長も止まる、企業も人も同じではないだろうか。肝に銘じたい。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1422-c316db0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad