アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

原始時代2.0。ハイテク・バーバリアンだけが生き残る?!

もと日本版ワイアードの立上げ人、現インフォバーン社長の小林弘人氏と日経ビジネスのプロデューサー柳瀬博一氏の対談による「インターネットが普及したらぼくたちが原始人になったわけ」を読んだ。


本書のテーマはこうだ。

原始時代から時代を経て変わったのは「人間」ではなく、人間が積み上げてきた「文明」である。

原始時代、人間は数十人からせいぜい百人単位の小集団で暮らし、動物を刈ったり、魚を採ったりしていた。
時代は変わって現代、インターネットの時代になり、ブログやSNSのおかげで再び原始時代に立ち返ったかのような「小さな村」をいくつも作り始めている。村の数は無数に増えたけど、本質は「原始時代」と変わっていない。

それでは「小さな村」が無数に誕生する時代に、メディアや広告やコミュニケーションは一体どのようになるのだろうか?

そんなテーマをもとに二人のクエスチョン&アンサーが展開される。

かたやコンテンツマーケティングを推進するIT系企業の経営者。かたや日本を代表するビジネス情報誌のプロデューサー。
ふたりの相性もよく、ジェットコースター的に、「今」という時代、そして来るべき「未来」が次々と解剖されていく。オーバーにいえば瞬きする時間も惜しいくらい、私にとっては読み応えたっぷりの1冊であった。

読み終えた今、私の中で、くっきり浮かび上がってきたキーワードは、ずばり「個人」が主導権を握る時代。

つまり、これからの企業も、そしてメディアもビジネスも、すべては「個人」が中心となって展開されるというのが、ふたりの論調である。

たとえば本書で、会社の「属人化」という言葉が登場する。

これからの企業は、顔の見えない大企業の時代は終わり、個人の顔が見える企業が生き残っていく。そのためには、企業側にも「個人」の力を尊重する新しい価値観が求められるはずだ。ある意味、先日、企業人を経てノーベル賞を取った青色LEDの中村氏の例はその先駆けと言っても良いだろう。
企業というよりはさまざまな個性がある共通の目的のために集まった「小さな村」、そんなイメージを抱いている。

もちろん当然、個人側にも変革が求められる。

今までのように大企業におんぶにだっこの生き方はもう成立しないのだ。個人はスキルを含めた自身のパーソナリティを磨き続けなければならない。

本書では、そんなこれからの「個人」のあるべき姿に対して「ハイテク・バーバリアン」というキーワードを呈示している。

メールやブログ、SNSを自在に操りながら、原始人的感性を持った人。21世紀のスーパーゼネラリストと言っても良いかもしれない。これまでのような分業的な役割から複数のスキルを組み合わせて、「小さな村」を渡り歩き、新たな価値を創造できる能力が、より求められるようになると思う。

ウエブとSNSの発展により、原始時代に回帰して世界が「150人の村」になっていく。
その時、自分自身はどう考え、どう行動すべきか。そろそろ準備を始めておくべきタイミングなのかもしれない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1418-6422caf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad