アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

がんばり病が会社を潰す。

同志社大学政策学部教授、太田肇氏が書いた「がんばると迷惑な人」を読んだ。



がんばりが価値を生む時代から、がんばることが価値を生まないばかりか、逆に価値を損ないかねない時代へ。

1990年代を大きな境目だったと太田氏は言う。

そのことに気づかなかった多くの日本企業が、いわゆる〝失われた20年〟の張本人と言っても過言ではない。

なぜがんばるとダメなのか?
その結果何が起きているのか?
私たちは、働き方をどのように変えれば良いのか?

それが本書のテーマである。

がんばり病。なかでもやっかいなのは、トップががんばり病に冒されているケースだ。
人事評価や命令系統を伝って組織の上から下へ広がっていくと太田氏は警鐘を鳴らす。

それでは、なぜがんばり病がやっかいな上に逆効果になるのかであるが、それはIT革命に負うところが大きい。IT化により単純業務が置き換えられたにもかかわらず、多くの人の働き方は昔のまま。イノベーションを生むための“考える”ことに重きを置かなければ、新たな成長は見出せない。さらに問題なのは、経営者が年配者の場合、ITがなんたるか、まったくわからないときている。
それでは、がんばれがんばれと叱咤激励するしか手がないのだろう。

皮肉な話であるが、今の時代、頑張らない方が経営はうまく行くのだ。

すでにこのことに気づいた経営者は新たな舵取りを始めているが、気づいていない経営者は社員を追い込み悪循環に陥っている。

それでは、二極化が加速する時代に個人はどうあるべきか。
筆者は創造の達人に学べという。
いわゆるクリエイターと言われる人の働き方は、がんばることが前提ではなく結果がすべてだ。

自らの仕事をクリエイティブの視点で見直してみる、なかなか難しそうだが、長い目で見ればそれがいちばんの近道かもしれない。
この先、大企業であっても雇用が保証される時代ではないのだから。、

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1413-6dbef3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad