アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ユニクロ1億人の顧客を魅了する服のデザインとは。

ファッションデザイナー、滝沢直己氏の書いた「一億人の服のデザイン」を読んだ。



イッセイミヤケのデザイナーを経て2006年に独立、以降フランクフルトバレエ団のコスチュームデザインやユニクロのファッションディレクションなど、従来の枠を超えた幅広いステージで活躍し中である。

本書は滝沢氏がこれまでに経験したさまざまな体験をもとにまとめられていて、興味深いエピソードが心をときめかせる。

たとえば、イッセイミヤケ時代にアップルのスティーブ・ジョブズからTシャツの大量発注を受けた時のジョブズ氏のこだわり、クリエイティブディレクター佐藤可士和氏とプロジェクトを組んだ時のに経験した佐藤氏の緻密さ、今や世界的なアーティストとなった村上隆氏とのツールづくりにおける激しいバトルなどなど…ページを送るのが楽しい1冊となった。

しかしながら全体を通して伝わってくるのは、ファッションデザイナーという仕事がクリエイティブなだけでなく非常に厳しい仕事であること。
それだけに当然ながら誰にでもできる仕事ではないということだ。

特に一流といわれるステージに立つ人は、対峙する人も一流の感性を持っている。

それだけに、時に感性がぶつかりあう激しい現場に出くわすことになる。

先に書いたジョブスのエピソードはその典型だ。

イッセイミヤケのTシャツが大のお気に入りであるジョブズ氏から数百枚のオーダーをもらい、採寸後に納めたのだが、色がオーダーしたものと微妙に違うということで全数返品されてきた。確かに確認してみると指摘は正しい。あらためて作り直し納め直したとのこと。普通の人なら気付きもしないようなほんの些細な違い。
このこだわりこそ、アップルの製品づくりの原点に通ずると、このエピソードを読んで“なるほど”とあらためて感心した次第。

三宅一生氏をはじめ、ファーストリテイリングの柳井社長、その他多くの経営者と直接対話し、そのつど最適な解を探してきた滝沢氏。それだけに経営者のデザインに対する価値観に対しても、一家言持っている。 

それを象徴するのが本書に登場する以下のくだり。

「いわばデザイナーには、自分の美学に沿う創造的視点と、経済的視点の両方が必要だ。ならば同様に消費者の満足を追究する以上、経営者にだってデザイナー的な発想が必要なのではないか。」

滝沢氏は経営において、デザイナーを育成するデザイナーマネジメントが必要と繰り返し強調しており、これからの日本企業の重要な課題とも言っている。

本書の最後を滝沢氏はこう締めくくる。

「美しいか美しくないか。売れるか売れないか。経営者もクリエイターも、この二つの視点を持ち合わせなければならないと思うのです。」

1億人の顧客を持つユニクロでファッションディレクターを務めた滝沢氏だけに、この言葉の意味は深い。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1408-15ead7c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad