アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

根っからの山男が、経営者になったら。共感を集めるモンベルの経営哲学。

アウトドア用品メーカーのモンベル創業者、辰野勇氏が書いた「モンベル7つの決断」を読んだ。



辰野氏は少年時代に読んだアインリッヒ・ハラーのアイガー北壁登攀記に感銘を受け、山ひと筋の青春時代を過ごした根っからのアルピニスト。数々の名峰を踏破し名実ともに日本のトップクライマーとなった後、日本初のクライミングスクールを開校。その道では若くして名声を得たキャリアの持ち主だ。そして28歳にして株式会社モンベル設立という経営者人生のスタートラインに立った。

本書は、経営者としてのモンベル設立から今日まで、大きな決断を迫られた7つの岐路を振り返ったものだ。

7つの決断とは、
1.28歳、資金ゼロからの起業
2.創業3年目で海外市場へ
3.パタゴニアとの決別
4.直営店出店と価格リストラ
5.モンベルクラブ会員制度の発足
6.アウトドア義援隊
7.山岳雑誌「岳人」発刊
以上である。

こうして並べて振り返るだけで物語が甦って来て胸が熱くなる。

ひと言でいえば、辰野氏は「想い」の人である。

どんな時にも自分の信念に基づき、まったくブレがない。だからこそ結論を迫られる時でも、必ず誰かが手を述べてくれたり、良い運が向いてくるのではないか。これはもう天性のものだろう。

しかしながら、それだけでは今日まで成長を続けることはできない。間違いなく経営者としての明確な経営哲学があったからだ。

辰野氏は自身の企業経営を「アルパインスタイル」という。

そもそもアルパインスタイルとは現役時代の辰野氏の登山スタイルで、少人数で頂上を目指し、リーダーがトップに立ち、ルートを選んで登っていく。グループでいちばん力を持ったリーダーが仲間を引っ張っていくことで、続くメンバーは迷いなく頂上に向かって歩み続けることができるというわけだ。

辰野氏は経営スタイルも、この登山の「アルパインスタイル」を通じて培われ、大いに役立てることができたと振り返る。

辰野氏の考え方はモンベルのモットーからも伺える。そのモットーとは「社員の能力が、経営者の能力」。

経営を進めていく過程でさまざまな決断を迫られてきたわけであるが、それを乗り越えられたのは、その都度、支えてくれる社員の力があったからと辰野氏はいう。経営者の想いもそれを実現してくれる社員がいなければ達成されない。ゆえに「社員の能力が、経営者の能力」と言う考えに至ったのだそうだ。

いささか余談ではあるが、私が企業と顧客との絆の強さを計るのに特に気にしてみるのが、自社コミュニティの存在。
その点からいうと、モンベルのコミュニティ、モンベルクラブはスケールが違う。会員総数なんと50万人、しかも年会費1500円というから、これだけでも7億5千万円!顧客の愛着がわかるというものだ。

本書の最後で、辰野氏は読者に次のメッセージを送っている。

「Do what you like. Like what you do.」(好きなことをやりなさい。そして、やっていることを好きになりなさい。)

自分の選んだ道を歩き続けることができる幸せに感謝する気持ちが、人生を豊かにしてくれる。私はそう信じると言いきる辰野氏に、そのとおりと思わずエールを送りたくなった。モンベルを愛する人はそんな心境なのではないだろうか、本書を読んでそんな想いを抱いた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1405-6e565be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad