アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

究極の企業戦略は「親切」。牛たんねぎしの理念経営とは。

株式会社ねぎしフードサービス社長、根岸榮治氏が書いた『日本でいちばん「親切な会社」をつくる~牛たんねぎしの働く仲間の幸せを考える経営』を読んだ。



1981年の創業から34年、現在は東京を中心に34店舗を展開、年商は54億円。

確かに順調な成長ではあるが、年数から考えれば決して急成長というような状況ではないだろう。

しかし穏やかともいえるその成長スピードが、逆に人を大切にするという企業文化を育む時間的猶予を与えたとも言える。

根岸社長が長年追い求めてきた経営の基本は、人財共有、理念共有。あくまで働く人が主役、そして人と人の心のふれあいをベースにした考え方。

今でこそそんな理念経営の典型とも言える根岸社長であるが、その原点は今と真逆の狩猟型経営だったとは意外や意外だ。

それが180度変わったのは、ある時に起こった社員の総離脱。行き過ぎた出店ペースに社員が着いていけなくなったのだ。しかも彼らが移ったのはあろうことか眼と鼻の先のライバル店。加えてそれ以前には店員が店の金銭をかすめ取るという不正も相次いだらしい。

その時の苦い体験が根岸社長に「100年続く企業をつくり、その経営者になる」と決意させたのだ。

ここから牛たんの専門店に辿りつき、数々の独自の取り組みにより、今日までの成長を牽引してきた根岸社長。

その過程は本書に詳しいが、本書で紹介されている取り組みをいくつかピックアップしてみる。

・同一地域で同一業態での「農耕型経営」
・全店長が参画して「経営指南書」を策定
・店長同士が支え合う仕組み
・「お客様アンケート」の徹底活用
・外国人アルバイトも同賃金
・「焼士認定制度」の実施 etc

いかがだろうか。
人が育つとはどういうことか? 社員の喜びとは?ひとつひとつ根岸社長なりに紐解いて、社員とともに作り上げていった。

マグレガーのX理論・Y理論という有名な考え方がある。人は管理しなければさぼるものと考えるか。人は信頼すれば自ら自発的に働くか。根岸社長の考え方は後者だ。

人は信じて心から接すれば、社員もお客さまも必ず好意を返してくれる。
きれいごとかもしれない。しかし、きれいごとも徹底すれば、大きな成果につながる。その好例が根岸社長の「親切」をベースにした究極の経営戦略ではなかろうか。

飲食業にかぎらず、人が居つかなくて困っている、そんな経営者、経営幹部におススメしたい1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1403-7dc3c91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad