アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション力を左右するのは「情」と「理」のバランス。

元「ザ・ボディショップ」「スターバックス」日本法人のCEO、岩田松雄氏の書いた『「情」と「理」話し方の法則』を読んだ。

情と理の法則

今ビジネスマンにとって、最も重要な能力がコミュニケーション力、というのはほとんどの人にとって異論のないところだろう。

しかしながら、コミュニケーションスキルとして「伝える」術をきちんと理解している人は、思った以上に少ないのではないか。
ほとんどのケースが「伝える」という一方通行で終わってしまい、「伝わる」という双方向になっていない。
伝えたい思いが強ければ強いほど伝わらないという悪循環に陥るというわけだ。

それではどのようにすれば、「伝える」を「伝わる」に変換できるのか?

岩田氏は、コミュニケーション力を次の2つの要素に分けて話を展開する。

「情」=話す人の人間性。

「理」=相手へのわかりやすい伝え方。

理詰めでも、情に訴えるだけでもコミュニケーションは上手くいかないと岩田氏はいう。

本書では、そんなコミュニケーションにおける「人を動かす」話し方、「強い信頼関係をつくる」話し方を26の法則として実践的にまとめている。

私が特に注目したのは、実践法則の24.「何」をやるのかではなく、「なぜ」やるのか。

「なぜ」やるのかは、自分自身のミッションと照らし合わせることが重要、そうすればおのずとやるべき理由が見えてくるのだ。自分が心から信じているからこそ、相手に伝わるのである。それがコミュニケーションの本質だと岩田氏はいう。

会社におけるわかりやすい喩えとして、岩田氏が持ちだしたのがドラッカーの本に出てくる、初期キリスト教会の言葉、

「本質において一致、行動において自由、すべてにおいて信頼」

本質、つまりミッションをきちんと共有していれば、細かなルールなどつくらず、実際の行動は自由。みんな自由で考えてやれば大丈夫。ただし、その大前提として、互いに信頼しあうことが必要であると。

まさに岩田氏がザ・ボディショップ、スターバックスで実践してきた考え方ではないか。

実際、話し方のテクニックをどれだけ学んでもなかなかコミュニケーション上手になれない。なぜならそこには「ミッション」がないからだ。

ゆえにコミュニケーション力を高めるためには、自身の「ミッション」をあらためて考えてみるといい。

ミッションとコミュニケーション、それほど密接な関係があると、あらためて知らされた気がしている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1401-5f069e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。