アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルシフト~新しい顧客戦略の教科書を読んで。

ループスコミュニケーションズの斉藤徹氏が書いた「ソーシャルシフト~新しい顧客戦略の教科書」を読んだ。



私自身の価値観が変わるほどの衝撃を受けた1冊目「ソーシャルシフト」。
そしてその考え方をさらに発展させた2冊目「BEソーシャル!」へと続き、ソーシャルシフト関連では実に2年ぶりとなる新著が、本書「ソーシャルシフト~新しい顧客戦略の教科書」である。

斉藤氏の書籍といえば、私がいつも驚かされるのが斉藤氏自身の知識の豊富さ。そして時代の変化をつぶさに見渡せる俯瞰力だ。
反面、概念の提示が先立ち、読むにあたってはやや専門知識が求められ、かえって読む対象を狭めているのではないか、そんな危惧を抱いていた。
実際、1冊読み切るにはかなりの体力を要した記憶がある。
この手の本を読みこんだ人以外には、そんな印象が強かったのではないだろうか。

そんな先の2冊に対して、本書は気がかりな点が一気に解消され、ソーシャルシフトの本質をズバリ最短距離で伝えることに見事に成功している。

その成功要因のひとつが、ハッピーマーケットという架空のスーパーを舞台に物語形式で書かれていることだ。
物語にすることで、読み進めるうちに、ソーシャルシフトが自分事として、ごくごく自然に腹落ちできる。
前2作で感じていた“もやもや感”から解放され目の前の景色が一気に広がった、そんな読後感を感じることができるに違いない。

あとがきにもあるが、実は本書のバックボーンには、東証一部上場の実在のスーパー、カスミの存在がある。

70歳を超えた会長が斉藤氏の「ソーシャルシフト」を読んで、自ら斉藤氏の会社へ足を運んだそうだ。
目的は「自身の人生の集大成として、カスミのソーシャルシフトを推進し、100年続く企業への足がかりを作りたい」その手助けを斉藤氏にお願いするために…。

/そのあたりのくだりはZDネットの記事を参照にして頂きたい(http://japan.zdnet.com/cio/sp_12executive/35031029)が、卓越した経営者はひと味違うと感心するばかり。自社に欠けていた最後のピースが「ソーシャルシフト」だと直感で気付いたのに違いない。

ソーシャルシフトは方法論ではなく価値観そのものである。手段としての「ソーシャルメディアの活用」など本末転倒だ。

本書の最後で、ソーシャルシフト推進ユニット・宇和島部長の放つ言葉が印象的だ。

「時代は変わりました。~利益や拡大をひたすら求め、社員を心のないものとして扱う経営スタイルは、生活者がもっとも忌み嫌うものの1つ。透明な時代、共感の時代に生き残るのは、社員にも顧客にも社会にも愛される会社、すなわち“三方よし”の会社なんです。しかし、三方よしはアウトサイドイン(外から内へ)では実現することはできません。三方よしには、企業理念にそった誠実な経営が必要となります。それがソーシャルシフトにおけるキーワード、インサイドアウト(内から外へ)のアプローチなのです。」[本書から引用]

ウソのつけない時代だからこそ、透明で裏表のない振る舞いが共感を呼ぶのである。企業に対しても、人に対しても。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1396-9487e24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。