アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

アメリカで始まっているライフスタイルの革命。

佐久間裕美子さんが書いた「ヒップな生活革命」を読んだ。



佐久間さんはブルックリン在住のライター、すでに15年ほどアメリカで暮らし、その間の9.11やリーマンショックなど、アメリカ人の価値観が変わるほどの大事件をまさに肌で体感している貴重な日本人の1人だ。

さて、アメリカ人というと未だにマックを頬張って肥満した身体を持て余している、そんな印象が強いが、佐久間さんに言わせると、とっくの昔にそのライフスタイルにはさよならを告げ、革命というべき大きなライフスタイル転換が起きているという。

本書は、そんな佐久間さんがブルックリンやポートランドなど、今アメリカの最前線で起きているヒップな生活革命を紹介するもの。

ヒップとは?

佐久間さんによれば、アメリカではこの生活革命をリードする人たちをヒップスターと呼んでいるそうだ。

私など、ヒップというと真っ先に連想されるのが70年代のサブカルチャーを創ってきたヒッピー文化であり、そこにはややネガティブな印象もあるのだが、今や最前線で環境やオーガニックな食材にこだわることこそがヒップであり、非常にポジティブに使われているのだそうだ。

環境とヒップスターとは、時代は変われば変わるものだと感慨深いが、まさに今という時代を言い得ているのではないだろうか。

ところで、本書の冒頭で紹介されるのが「サードウェーブ」と呼ばれるコーヒームーブメント。

スターバックスなどを第2世代コーヒーとして、その後に続く地域に根ざしたインディペンデント系のコーヒーショップを指すそうで、ポートランドのコアヴァコーヒーロースターズなどがその代表だそうだ。

ポートランドは本書でも度々登場するが、「ポートランド的価値観」として、デザインや雑誌の世界でもひとつのキーワードになっているらしい。

そのあたりは、さまざまな分野の事例とともにかなり詳しく紹介されており、消費トレンドを知る上でも貴重な一冊といえる。

本書を読んであらためて気づくことは、間違いなくムーブメントの主流は大資本からローカルの小資本、コミュニティに移ってきていること。その根底にあるのは、人と人のつながり、そこから生まれる地産地消などの顔が見える消費、食の安心安全など、生活者の価値観の変化だ。

行き過ぎた経済至上主義への反省とそこからの自立意識の萌芽。
この流れはもはや止めれれない。
そしてこのムーブメントは間違いなくこの先の日本にも大きな影響を与えるだろう。

幸いこの流れは、ローカルの中小企業には大きなチャンスとなる。しかしその時問われるのは、大資本ではできないこだわり、独自価値だ。

本物だけが生き残る、そんな時代がやってくる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1391-a1d73c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad