アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

脱成長、ダウンシフトのとき。

セルジュ・ルトゥーシュとディディエ・アルパディスが書いた「脱成長(ダウンシフト)のとき~人間らしい時間をとりもどすために」を読んだ。



私たちの今の生活を維持するためには、2個分の地球が必要です。そんなACジャパンが応援するTVCMが流れていることをご存じだろうか。

それほど私たちが快適な生活を手にするために地球に強いる負荷は計り知れないものがある。しかも問題は私たちの世代だけで終わらないこと。私たちの孫子の代まで延々と影響は及んでいくということだ。

そんな状態にあることを知りながらも、以前と変わらない生活を続けている私たち。そんな生活がいつまでも続くわけがないと考えるのは間違いだろうか。

大学教授のルトゥーシュは、かねてより「脱成長(ダウンシフト)」の必要性を唱えている、その道の第一人者。本書はこれまでは難解と言われてきた彼の出版物をこれからの若い人たちに向けてわかりやすく記したもの。

キーワードを含んだ見出しを抜き出し、それに解説を加えるという構成。

広告の功罪についても言及している。たとえばこうだ。

「広告に煽動される過剰消費というポンプのスイッチを、もう一度始動しなおすことが必要になりました。」

メーカーは製品を買い替えのために、あえて長持ちしないように作る。そして新製品が出ると、言葉巧みに「時代遅れ」だと感じさせ、いかに使っているものが旧式であるかを広告によって洗脳していく。ポンプのスイッチをすかさず再起動するというわけだ。

私自身の経験で言えば、広告会社時代はほとんど意識したこともなかった。ある意味、そういった意識は考えること自体ありえないことのようにビジネスに没頭していたからだ。今から考えてみれば、それ自体、高度成長という名のもとに広告業界はもちろん、国民全体が洗脳されていたんだと思う。

しかしこれからはそういうわけにはいかない。

脱成長=ダウンシフトは、この先を生きていくすべての人にとって、もう避けては通れない必然的な価値観なのである。
本書を読んでその思いを強くした。

政府の成長戦略に一喜一憂してる場合ではないのだ。未来の子供達のためにも脱成長を真剣に考える時である。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1381-c5ad3fa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad