アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つ三つの才能を並行して走らせる新しい働き方、モジュール型ワーキング。

多摩美術大学教授にしてクリエイティブディレクター、さらにはコミュニケーションコンサルタントと八面六臂の活躍を見せる佐藤達郎氏が書いた「社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方」を読んだ。



時間、やりがい、収入を自由に組み合わせる、これからの働き方。それが佐藤氏が提唱する「モジュール型ワーキング」であり、その可能性を余すところなく紹介するのが本書だ。

私自身の感想としては、この先の働き方の主流になると兼ねがね思っていたところ。そんな折も折、佐藤氏がタイムリーにまとめてくれた、そんな思いを抱いている。

ある意味、モジュール型ワーキングを推進せざるを得ないと思う理由の一つがインターネットの進展だ。

インターネットが進化すれば、売り上げに占める人件費比率の大きい大企業は、今以上のイノベーションが実現できなければ、いずれ利益で人件費を吸収できなくなるのは必然だ。

当然、終身雇用は夢のまた夢で、働く人も新たな働き方、モジュール型ワーキングを模索せざるを得なくなるというわけだ。

さて、著者の佐藤氏、前身は広告代理店ADKのコピーライター、クリエイティブディレクターである。

広告業界では、とかくクリエイターの定年は40歳などと揶揄されるわけだが、案外的を得ているかもしれない。柔軟な思考がベースとなるわけで、長年の垢がたまってくると新鮮な発想自体が難しくなってくる。もちろん仕事の中には、経験が求められるものもあるが、企業内のクリエイターは、適度な新陳代謝がなければ利益が合わなくなってくるわけだ。働き方も変わらざるを得ないだろう。

本書では、具体的にモジュール型ワーキングを実践できるよう、タイプ別に豊富な事例、ワークシートが用意されている。

二つ三つの仕事を並行して動かして行くとなると、一見メインの仕事がなく、細切れ仕事の寄せ集め的な印象を持つかもしれないが、それこそ古い価値観にとらわれていると自身を戒めるべきだ。

時代は絶えず新陳代謝を繰り返している。昨日までの常識が明日からの常識として通用するとは限らない。

そういう意味では、一人一人の才能を花開かせるモジュール型ワーキングは大いなる可能性を秘めている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1377-5b23febe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。