アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ビジネスモデル大転換は待ったなし!「広告ビジネス 次の10年」を読んで。

デジタルインテリジェンス代表取締役、横山隆治氏と取締役、榮枝洋文氏の共著「広告ビジネス次の10年 データを制するものがビジネスを制す」を読んだ。



中小の広告代理店の未来は、予想以上に厳しいものになる。それが本書を読んでいちばん最初に抱いた感想だった。

すでに4年前、まさにその現実を真っ先に体験した私が言うのも何であるが、今は嵐の前の静けさ、いよいよ本格的な淘汰の時代が幕を開けるというわけだ。

淘汰を招く最大の原因、それはデジタル化とグローバル化であるというのが本書の主張。

グローバル化はさておいて、デジタル化というと少し前まではDTP、インターネットによるWEBサイト等コンテンツのデジタル化がビジネスの主な戦いの場であったが、ここから先は新たな次元、少し前からBUZZワードとなっているビッグデータを中心とするデジタルデータの活用に主戦場が移っていく。

この兆候を見越して十分な準備を進めてきているのが大手広告代理店。

問題は中小の広告代理店だ。このレベルになると現状を乗り切ることが精一杯で、明らかな人材不足、さらには経営者の理解不足、知識不足が変化のスピードが速い時代は決定的なウィークポイントになる。

デジタル化への対応は、もはやまったなしなのだ。

さて肝心な本書の中身に移ろう。

今後の広告ビジネスにおいて、いかにデータ(オーディエンスデータ)を握り使いこなすことが重要か、全編に渡って展開されるわけであるが、中でも私が特に興味を持って読んだのが、第6章、「次世代型広告マンに必要なスキル」。

本章で、フロントラインにおける営業マンのあるべき姿が語られているが、それとともに次世代型クリエイターに必要なスキルについても記されている。次世代型クリエイターに求められる考え方として、「クリエイティブ」のとらえ方を広げ「コミュニケーションプランニング」領域まで拡張させることが重要と著者はいう。

実際すでに「コミュニケーションプランナー」という職種を設けている広告代理店は多いわけだが、今ひとつしっくりきていないのが現実だそうだ。
なぜなら「広告」より「コミュニケーションプランニング」の方がはるかに大きな領域になるわけで、もともと「広告枠販売」を目的として組織を編成している広告代理店には、うまくハマらないのは当たり前というのが著者たちが掲げる理由。確かにそう言われれば間違いないと、うなづくばかりだ。

こうなると一朝一夕では本当の問題解決にはつながらない。組織のあり方、もっといえば経営の価値観そのものから変えていかないと、広告代理店が「コミュニケーションプランニング」を次世代の柱に育てるのは至難の業となるだろう。

いずれにせよ、広告代理店間の競争だけでなく、「デジタル化」を旗印に虎視眈々と広告ビジネスへの参入を狙うIT系企業やWeb制作会社、コンサルティング会社などとの異業種間競争の時代が始まっている。

デジタルデータという無限の可能性を秘めた武器をフル活用して新たなポジションを築くことができるか否か。間違いなくこの1~2年が勝負である。本書を読んで、その思いを強くした。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1371-74cb590e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad