アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れない時代の売り方とは。

湘南ストーリーブランディング研究所代表、ストーリーブランディングのジャンルではおそらく右に出るものはいない第一人者、川上徹也氏が書いた「物を売るバカ」を読んだ。

私が川上氏の書くテーマに共感できるのは、規模は違うものの歩んできたキャリアが似ているからだと思う。

川上氏は大手広告代理店の出身、営業局、クリエイティブ局を経て独立。コピーライター&CMプランナーとして多くの企業の広告制作に携わり、数々の広告賞に輝いたという。

とはいえ彼の功績と今日のポジションを築いた最大の理由は「ストーリーブランディング」という考え方を見つけ、世の中に提示したこと。

物語=言葉の力をブランディングの武器にするあたり、コピーライターの出自が大きく影響していると思う。

本書のタイトルは、商品だけを売るほどドツボにハマるという、意外と当事者は気づいていない売れない理由を、彼なりにウイットに富んだ表現に変えたもの。
本人も断っている通り、決して小売業をバカにしているわけではない(当たり前であるが)。

カフェだからコーヒーを売る。
本屋だから本を売る。
酒屋だから酒を売る。

今の時代、それでは売れないことは明らかなはず。

ではどのようにしたら売れるのか、その答えが川上氏の提唱するストーリーブランディング、すなわち物語の力を借りたマーケティングである。

どんな会社にも、どんな商品にも、必ず物語は存在する。

その物語をコミュニケーションの潤滑剤として、見込み客との間に共感を創造する。

よくよく考えてみればそんなに難しいことではないだろう。
唯一求められるのは、正直で誠実であること。そしてお客様のためになりたいという一身の気持ち。

嘘で固められた物語はすぐに見破られる。

それどころか、悪い評判はあっという間に広がって二度と再起すらできなくなるから、気をつけたい。

物語の力、物が売れない時代だからこそ、見直して見る価値がある。そんな気づきを得るには格好の一冊である。

最後に、この本にも登場する某社は前職の部下が勤めていた会社。聞いた話といささか違うのはご愛嬌か…どんな場合も実際の仕事はもっと生々しいということだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1370-a5e0f1ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。