アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

これで独立の壁を乗り越えられる!?新・パーソナルブランディング。

エイトブランディングデザイン代表、ブランディングデザイナーの西澤明洋氏が書いた「新パーソナルブランディング」を読んだ。



COEDOビールや中川政七商店など、メジャーではないけれどエッジの効いた個性的な商品や企業のブランディングを手掛けている西澤氏。

本書は自身はじめての「個人の起業、パーソナルブランディング」について書いた本である。

パーソナルブランディングというと今やブームの感もあり、数多くの本が出版されていることはご存じだろう。

私自身も関心の高い分野で、これまで数多くの本を読んできたが、そんな中で本書は“自分ごととして実践的に考えられる”点では、屈指の出来栄えと断言できる。

ポイントは、フリーランス=ミニマムサイズの会社と考えて、企業のブランディングで培ったノウハウを「パーソナルブランディング」の考え方に活用したこと。

そして、その裏付けとなっているが、これまで数多くのビジネスで実践してきたブランディングの独自の考え方「フォーカスRPCD」だ。

「フォーカスRPCD」とは、具体的には、ブランディングのプロセスを「R=リサーチ]「P=プラン]「C=コンセプト」「D=デザイン]の4つの段階に分け、すべての段階でフォーカスすることにより、強いブランドを作るという考え方。

本書では第3章で、18のステップに沿ってかなり詳細に説明されており、読者はそれに従って書きこんで頂けば、頭を悩ませることなくひと通りの計画を作り上げることができるという優れものだ。

さらに第4章では、この「フォーカスRPCD」を活用して、西澤氏が実際にコンサルティングを行った「創造系不動産」の事例がケーススタディとして事業計画書も交えて紹介されている。

第3章、第4章を通して自身の記述と照らし合わせて比較してみることで、問題点や課題についても、より理解が進むという仕掛けだ。

先の見えない世の中。会社勤めもままならない中で独立起業を計画している人も多いと思う。

しかし実際に起業を実現した人はまだまだ数は少なく、ハードルは依然高いという印象。その理由は、一にも二にも一歩踏み出す勇気が持てないことにあるのではないだろうか。

そういう意味では、西澤氏は自身の体験も交えて優しく背中を押してくれる。

過去に事業計画を作ろうと試み挫折した経験がある人にとっては、まさに福音の書となることは間違いない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1366-1b805eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad