アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スーパーストーリーが人を動かす。行動型ストーリー企業の時代。

広告業界で20年以上のキャリアを持つマーケティング・イノベーター、タイ・モンタギュー―氏が書いた「スーパーストーリーが人を動かす~共感を呼ぶビジョン&アクション」を読んだ。



著者モンタギュー氏によれば、ほとんどの企業は、以下の二つのタイプに分けられるという。

・発信型ストーリー企業

広告や言葉によって製品やサービスのメッセージを一方的に伝える(ストーリーテリング)企業。従来の企業はほとんどがこのタイプだった。

・行動型ストーリー企業

スーパーストーリーに基づいたオリジナリティのある行動を実践する(ストーリードゥイング)企業。広告宣伝をあまり行わず、関心を持つ人々に向けた製品やサービスを提供することで、人を中心に据えたビジネスを展開する。今成長中の会社はこのタイプが多い。

本書でモンタギュー氏は、先にも述べたように広告業界20年のキャリアをベースに、その間での自身の体験から「行動型ストーリー企業」が世の中で受けいられる背景や可能性について、さらにはどうしたらスーパーストーリーを軸にして行動型ストーリー企業に変貌できるのかについて綴っている。

行動型ストーリー企業の代表として本書に登場するのは、レッドブル、デビアスダイヤモンド、サブウェイ、ケロッグなど。アメリカと日本との展開に違いはあるのかもしれない、私自身の認識としては日本においてはテレビCM等で名前を知ったような気もしないわけではない。しかし本書を良く読んでみると、少なくともこの10年ほどの成長は「スーパーストーリー」の存在なくしてはあり得ないということが理解できる。

それでは本書の最大のテーマ「スーパーストーリー」とは何なのだろう。

まずその前提となるのが、世の中に対しての強いミッションの存在だ。
自社の製品やサービスを通してこんな世の中を実現したい、いわば信念のようなもの。
ミッションは思っただけでは世の中にインパクトを与えることはできない。
ひとつひとつの行動を通して社員と共有し、あらゆる顧客接点において、顧客との共感を創造することが重要だ。
その一貫した体験で顧客の心の中に綴られていく物語こそ、スーパーストーリーなのである。

ゆえに売上ありきではない。短期決戦でもない。時間をかけて一貫した考え方で、社員、顧客、そして世の中と向き合っていく。いわば経営者の姿勢、企業の姿勢そのものなのだ。

言葉は違えど、ブランディングの考え方とニアイコールと言っても良いかもしれない。

本書を読んで思うこと。

モンタギュー氏は、広告そのものを否定しているわけではない。広告的な考え方、つまりは企業や商品の良さを自ら一方的に語っていくコミュニケーションのあり方を否定しているのだ。その価値観はすでに前近代的なものになっていると。経営者やアドマンはそこを見誤ってはならない。

会社というものは、創業から時間が経ち、成長して大きくなると創業の「思い」を忘れがちだ。
ただただ儲けることに邁進すると…結果は目に見えている。

先がみえにくい今だからこそ、原点の「思い」に立ち返り、その思いを社員、顧客と地道に共有していく。
その必要性に気づくことが重要であるとするなら、本書は間違いなく価値ある1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1362-84baa54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad