アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略的ストーリー思考ができれば、プレゼンも連戦連勝?!

コンサルタントの生方正也氏が書いた「戦略的ストーリー思考入門」を読んだ。



自分の考えていることを実現するためには、ストーリーを戦略的に活用することが重要、
それが本書のテーマである。

ストーリーを活用するためのHOW TO本が、このところ書店で目立つが、
この本が他の本と違うのは、ストーリーの持つ「ゆるさ」にフォーカスしているところだ。

生方氏いわく、ゆるさとはイコール、余地。

ストーリーに余地があることにより、他の人が何かを考えたり行動に移すことができるのだそうだ。

確かに、論理で固められた説明は一見完成度が高く見えるが、実は他人が入る隙間がない。

逆に、ストーリーがもたらす適度な余地が、聞いている人に自分事として、イメージを膨らませ、感情移入をしやすくする効果を生む。


私自身の経験でいえば、ストーリーが活かされる現場と言うと、まず思い出されるのが広告表現の競合プレゼンテーションだ。

生方氏の考え方をベースに振り返ってみると、実際のところ、いかに余地のない説明に終始していたかと気恥ずかしさでいっぱいになる。当時、ストーリーの持つ余地について理解があれば、もう少しプレゼンテーションの勝率を上げることができたかもしれない。

さて、そもそもビジネスにストーリーが大切だということはわかるが、そうはいっても凡人にとって大したストーリーなど持ち合わせていないというのが万人の素直な感想だろう。

その点について、生方氏は、特別な題材など必要なく、ありふれた題材で十分と言っている。
題材は料理に例えれば食材で、どんなに良い食材が揃っても、それを調理する気配りができなければ良い料理にはならないと。

そして調理の仕方=ストーリー思考、9つの原則として本書で詳細に展開している。

一見単純のように見えてなかなか奥が深いストーリー思考。しっかり身に付ければ、プレゼンテーション能力が一気に向上する?かもしれない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1354-ecce33f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。