アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流通大変動〜現場から見えてくる日本経済

テレビでもおなじみ、東京大学大学院教授の伊藤元重氏が書いた「流通大激動~現場から見えてくる日本経済」を読んだ。



本書の狙いは、流通の現場で起きていることを素材に、日本経済の変化の潮流を明らかにしようというもの。

伊藤氏は30年前に流通の現場に入って以来、一貫して流通を取材、研究してきた。

徹底した現場主義のため、ウォーキング・エコノミストとあだ名されるまでになったそうだ。

本書を読めば戦後流通の現場がどのような変遷を遂げてきたか、時系列に理解することができる。自分自身が歩いてきた広告の世界とオーバーラップする点も多く、大変興味深く読んだ次第。

さて、流通の歴史は、チャネルリーダー争いの熾烈な争いの歴史でもある。
その移り変わりを辿ったのが第七章。

戦後はメーカーがチャネルリーダーを担ってきた。現パナソニックの松下電器がいい例だ。
強固な力のもとに、系列の小売店を安定した利益還元のもと支配してきた。

その影響力に陰りが見えたのが、「価格破壊」で新たなチャネルリーダーとなる巨大流通小売チェーン、ダイエーの出現である。

系列店が15万円で仕入れ20万円で売っていたテレビを、同じく15万円で仕入れ16万円で売ろうとした。これを許しては自社の仕組みが根元から崩れ去ってしまう、これは絶対に許すまじ、と。ここから熾烈な攻防が始まるのだ。

そのあたりの記述は裏話も盛り込まれなかなか面白い。

その後のダイエーの凋落から、コンビニ主導のプライベートブランドの誕生など、チャネルリーダー争いは今も進行中である。

本書を読んであらためて思うことは、安売りは一時は脚光を浴びても、長くは続かないということだ。
市場で愛され続けるには、価格以外の愛される理由が必要なのは間違いない。

ネットが進化して、O2Oやショールーミング、行動デザインなど、流通の現場に纏わるキーワードも続々と出現している昨今、次なるチャネルリーダーはどこが担うのか。
流通を担う人、流通を支援する人、過去からげんざいの流れを知り、未来を予測するためにも本書を読んでおく価値はある。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/1350-e94a6403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。